教育・子育て

親の聴き方でひとつで、子どもの心は安定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大人ばかりではなく、学校や友人関係で悩み、自分に自信が持てず生きにくさを抱えている子どもが増えています。

子どもが学校などで嫌なことがあると、家で一番最初に聞いて欲しい人は、お母さんですが、たいていのお母さんは、子どもの話を子どもが聴いてほしいように、聴いてあげられていないのかもしれません。

あなたはいかがですか?

子どもが悩んでいるときや、ただ話を聞いて欲しいとき、親は子どもの話をちゃんと聞かずに、親の判断で意見を言ってしまうことはないでしょうか?
親が子どもの話を聞いて「そんなふうになるのは、あなたがしっかりしないからよ」とか「もっとあなたが○○しなければだめなのよ」と、子どもをジャッジしてしまうと、子どもは一番味方になって欲しいお母さんに味方になってもらえず心を痛めます。そのようなとき、自分を受け止めてもらえない不安から、心は不安定になりやすくなります。

以前、ご相談をお受けした小学校4年生の子どもをもつ親御さんは、娘が友人関係に悩んでいるのを知って「あなたにも原因があるのよ。それだから仲間はずれにされるのよ」と娘のことを裁判官のように裁いてしまったそうです。その後、娘さんは学校に行けなくなってしまいました。とても悩まれた親御さんは、これまで子どもの自己肯定感を台無しにする言葉がけをしていたことに愕然として、それ以来今までの自分の子どもとの接し方を見直し、子どもの味方でいることを徹底して身につけていかれました。

すると、驚くほど娘さんとの関係はよくなり、娘さんは自信を取り戻していかれました。

親はついつい子どもが話し終わる前に、口をはさんでしまったり、すぐに意見を言ってしまいがちですが、そうなると子どもに安心感は与えられず、親子の信頼関係を築くことは難しくなります。

すると、子どもはつらいことがあっても、聞いて欲しいことがあっても、だんだん親に話をしなくなり、親に心を開かなくなります。これでは、もし子どもに何かあっても、親は気づいてあげることができません。親が一番必要なときに子どものそばにいてあげることができません。
子どもは、お母さんに、ただ聞いてもらうだけで、「わたし(ぼく)のことを分かってくれている」と感じて、それだけで安心して、心は安定します。

子どもの自己肯定感を育てるには、お母さんが「きき上手」になることがとても大切です。

親が、感情的になってしまうとき、ついつい自分の言葉を正しいと正当化しようとするとき、それは親に問題がある場合が多いのです。親自身が自分を認めてられていないとき、子どものことをそのまま受け止めることは難しくなります。

「聴く」ときは、子どもが話している間、どんなアドバイスをしようかと思って聞くのではなく、自分の意見をはさまず、ただただ子どもの話しに心を傾けて、寄り添って聴いてあげて欲しいのです。

あいづちも「それで?」「そうなのね」「そう!」「うん、うん、そうなんだね」と肯定的な言葉で、受け止めてあげましょう。

「そう、そうだったのね!そんなふうに友達に言われて頭にきているのね。お母さんだって腹が立つわ」とこんなふうに。

子どもの話を聴き終わったら、子どもの気持ちを汲みとってフィードバックしてあげられると、子どもは、共感してもらえている、自分を理解してくれている、自分のことを信じてくれている、自分の味方になってくれると感じて、そんな親の存在に“私(ぼく)は大丈夫なんだ”と大きな安心感をもらい、勇気づけられていくのです。

そうすると、子どもの自己肯定感は高まっていきます。

自分をそのまま受け止めてくれる親(お母さん)の存在は、子どもが自己肯定感を高めていく上でなくてはならないものです。
そして、子どもの心を安定させて、意欲的な気持ちを高めていくには、親である私たちが、どんなときも自分の味方になり、自分のことを信じて、自己肯定感が高い状態を保てているかも非常に重要となってくるのです。

子どもが自己肯定感を高めていく為の方法

工藤紀子

工藤紀子

投稿者の記事一覧

自己肯定力スペシャリスト、JISEエグゼクティブトレーナー、一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会 代表理事、ヴィーナス・クリエイト代表
長年外資系企業に勤務し、22年前の子育て中に「自己肯定感」の大切さを知り、自らも高めたことで、抱えていた問題が解決し、人生が大きく好転した経験から、以来、「心の仕組み」の理解と「自己肯定力を高め自分を愛する」ための研究を続け、2005年よりその方法を多くの人に伝えるためヴィーナス・クリエイトを設立。「女性の幸せが社会の幸せを創造する」という理念のもと年100回以上のセミナーを開催。10年間でクチコミでのべ15000人以上が参加。
2013年に一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会を設立。人が生きていく上で一番大切な感覚である「セルフエスティーム(自己肯定感、自尊心)」を高めることで、誰もが本来の力と自信を取り戻し、幸福度の高い社会を実現することを目的に、セミナーや企業研修、講演会を通して「自己肯定力」を高める機会の提供と、「自己肯定力」を広く普及できる人材(認定講師)の育成に力を入れている。
【一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会】 
【ヴィーナス・クリエイト】

おすすめ記事

誰もが欲しい「心の栄養」を与えられる人に

あなたが嬉しく元気になるときはどんなときでしょう?人との関わりの中で私たちが幸せを感じる時は…

目標を決めても、行動を起こせないときの対処法

新しい状況を作り出したい!変化を起こしたい!目標を達成したい!そのために行動を起こし…

感情にも応急手当が必要な理由 (NYで人気の心理学者―ガイ・ウィンチ)

NHK「スーパープレゼンテーション」、日本テレビ系「世界一受けたい授業」でも放送されたので、ご覧にな…

自分の価値を認めないと、他人の価値を認められない。

自分と価値観の違う人と出会う時、「この人は違う」「ありえない!」と違和感を感じるか、逆に「なるほど、…

自分の時間を慈しんでいますか

現代人はとかく忙しい。テクノロジーの進歩やグローバル化によって、情報量も多いし物事が進むスピードもと…

呪文を解いてセルフイメージを変える

こんな人が、いました。とても美人で魅力的で、実際にもてる。でも、当の本人は自分の魅力にはまったく…

心はいくら鍛えても強くならない

「強い精神はどうしたら手に入るのか?」と質問されると、「心を鍛えればいい」と答える人も多いかもしれま…

愛される価値があると思えると、彼から愛される

自分のセルフイメージが変わると、それはそのまま相手との関係性にも影響を与えます。不思議ですが、恋…

母親のイライラが、子どもをダメにする

子どもが長い休みに入ると、親は子どもが学校に行っていてくれていた方が楽なのに!と思うことも多いかもし…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。