健康・メンタルヘルス

ベースが大切な年、あなたの土台を豊かにする鍵は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2016年は、実りをもたらす大地を表す『土』の年です。

自分の土壌を深く耕して、養分をあたえて、ふかふかなベースを作っていく1年。

そのために必要なのは、どんな自分もオールOKと肩の力を抜いて日々を楽しむ柔軟さです。

頑張りすぎたり、物事にこだわり過ぎたり、~でなければ、~しなければと考え過ぎたり気負っていると、ベースの土がかたくなり、新たな運を育むのがむずかしくなります。

日々、そんな思いグセでモヤモヤした氣持ちで毎日を過ごして、その感覚が当たり前になったりしていませんか?

頑張りすぎたり、自分を責めたり、否定してしまうのは、あなたの性格ではなくて思考グセのようなものなのです。

自己肯定感が高まると、このベースの部分、自分を大切に思う感覚、愛する感覚、そのままを受け容れてオールOK!大丈夫!と思える感覚が高まります。

自己肯定感が高まると、物事を柔軟に受け入れられるようになり、毎日を笑顔で楽しく過ごすことが自然とできるようになります。

そうやって、日々を楽しむことが、あなたの土壌の養分となっていきます。

まずは、あなたの心の声に耳を傾けることから始めてみませんか?

むずかしく考えなくてもいいのです。

自分が今食べたいと思ったものを選んでみたり、心地よいと思う時間を増やしてみたり、あなたが今思っている感情にただ寄り添ってあげてほしいのです。

以前クライアントさんに、いつもポジティブになれないわたしは、自己肯定感低いですよねと言われたことがありました。

それは全くの誤解です。
あなたが抱く感情に良いも悪いもありません。

この世は二元性の世界。

陰があれば陽があり、絶望があるから希望もあります。

それはどちらかだけでは存在できません。

今あなたがモヤモヤしているなら、あなたができることは、そのモヤモヤをなかったことにすることではありません。イライラしているから、感じてはいけないと蓋をすることでもないのです。

嫌いがわかるから好きも際立つのです。

人生はコントラスト。

悲しみを経験しているからこそ喜びもまた深くなるもの。

あなたが感じる今その感情をただ、「そう感じているんだね」って寄り添って、「そうだよね、そう感じてしまうよね」、「うんうん」ってその感覚を大切にしてあげませんか。

そうすると、肩の力が抜けてふわっとします。
そうすると、ベースの土もふわふわになります。
そうするとそれだけで、運氣も上向くのです。

そうやって、外側ではない、自分にとっての心地よいバランスがわかってくると、自然と笑顔が増えていきます。

穏やかに柔軟に朗らかに過ごすことができるようになっているのに氣がつくかもしれません。

許すの語源はゆる(ま)すからきています。

自分を責めずに許していくことは、リラックスして緩んでいくこと。

肩の力を抜いて、リラックスしている時、人は自分の中心と自然とつながり、自分軸でインスピレーションを受け取れるようになっています。

それが本来のあなた。

本来のあなたに還っていくことが、あなたの人生の質を高める大事な土台を揺るぎないものにして、自己肯定感を高めることになるのです。

自分のベースを見直しよりよく調整してバランスをとっていくこと。

日々を楽しみ、1日1日を充実させて、小さな幸せを感じていくこと。

どんな自分にもオールOKだして、軽やかに豊かな未来への扉を開けていきましょう。

まずは自己肯定感が何なのか知ってみる「自己肯定力」入門講座

今年の運勢も良くするためにの自己肯定力

小林めぐみ

小林めぐみ

投稿者の記事一覧

現在夫と高校生の娘の3人家族。 JISEの認定講師として活動しながら、風水やマヤ暦、占星術などを使って、女性をキラキラ輝かせるお手伝いをしています。

ほんの数年前までのわたしは、自分のことを認められなくて、いつも、もっと頑張らなきゃもっと頑張らなきゃと自分を追い込んで生きていました。

そんなとき、お友達からの紹介でラブマイセルフ・メソッドに出会いました。

そして、自分を愛し大切にすることを教えていただきました。

行きつ戻りつ日々実践していくうち次第に、どんな自分も全部そのまま愛おしいと感じられるようになって、自分に寄り添えるようになっていました。

氣がつくと、自分に正直に毎日を軽やかに過ごせるようになっていたのです。

周りの環境も好転しました。 そして、毎日小さな幸せを喜び、楽しく過ごせるようになっているわたしがいました。

どんなわたしでも受け入れて、寄り添えるようになったことで、何者でもないわたしでいていいんだぁ、という安心感を感じられるようになったのです。

そのおかげなのか、わたしを世界で一番愛してくれる彼とも出会い、結婚して、今は娘と家族3人で幸せな毎日を過ごしています。

これからは、以前のわたしのように人生に生きづらさ、苦しさを感じている女性達をもっと軽やかに、ハッピーに笑顔にして、あなたの今がキラキラと輝きだすお手伝いをさせていただけたら嬉しいです 。

めぐみ先生の講座お申し込みはこちら JISEのサイト

おすすめ記事

日本人の自己肯定感が低い理由の一つは「遺伝子」が関係してる?

高い自己肯定感が醸成されるのには沢山の要素が絡み合っています。親との関係だったり、学校での教…

あなたの願いの実現を左右する「自己肯定感」

「あなたが心から求めるものはあなたの運命の一部手に入れる運命にないものはあなたが欲しいと思うこと…

自己受容を阻むのは、心の中にいるもうひとりの批評家の自分?

自分を受け入れるということは難しいことでしょうか?「自己肯定感」を高めるには、そのままの自分を認…

部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い! 

ビジネスで、部下の仕事についつい口出ししたくなってしまう場面はないでしょうか?部下の仕事ぶり…

「ほめる」は「いいなぁ」という気持ちを伝えること

「ほめていいことと、ほめて悪いことがあると聞いて褒めることにとても神経質になってしまいます」と話して…

他人からどう思われるかよりも、大切な自己肯定感

自分が身を置く世界が冷たくて敵意に満ちた場所と感じるか、又は、温かくて愛情に満ちた場所と感じるかは、…

あらゆる感情は人間の進化にとって価値がある

楽観主義と悲観主義のどちらかを選択して下さいという問いがあれば、殆どの人は楽観主義を選択すると思いま…

「ふわふわことば」と「ちくちくことば」

最近の小学校低学年では、道徳の時間などに「ふわふわことば」と「ちくちくことば」を教えています。…

母親から、子どもが受け継いでいくもの……

こちらの動画では母娘を例にしていますが、小さなことでも母親が子どもに与える影響はとても大…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。