健康・メンタルヘルス

内側も外側もきれいにする秘訣は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

それには「自分を愛すること」が、どんな美容液よりも効果的だと身をもって感じています。

例えば、“大好きだよー!”“よくがんばってるねー!”と自分自身に声をかけてあげながら、お風呂で身体をなでなでしてあげたり、“今日もありがとう♪”“どんどんきれいになるねー!”と声をかけながら身体をマッサージしてあげるのです。

そして、鏡を見る度に自分に笑顔をプレゼントする氣持ちで笑いかけてあげたり、スキンケアのときには、慌てず優しく大切な人を愛しむように自分の顔に触れてあげて、“可愛いねー!”“どんどん潤うねー!”と化粧水や乳液をなじませてあげます。

するとそれだけで、あなたの内側の細胞が喜んで顔色が良くなり、心も身体も美容液が浸透するかのように、どんどん潤っていく手応えを感じていかれますよ。

こんなふうに、あなたの心と身体に、自分がしっくりくる嬉しくなる言葉をかけてあげると、それが内側からのキレイを生み出し、その一つひとつがあなた自身を愛することに繋がっていきます。

まずは、これを1週間続けてみませんか?

次に、毎日の生活の中では、自分がトキメクものやホッコリするもの、ウットリするものを目につくところに置くようにしてみましょう。するとそれだけでゆっくりリラックスして心も身体も緩んで、テンションも上がって元氣になれている自分を感じられるようになりますよ。

そのとき、あなたの自己肯定感は確実に上がっています。

自分を愛おしく思える時間も、自分にオッケーをだせる時間も、少しづつ少しづつ増えて来て、囚われていたことや、モヤモヤしていたことが氣にならなくなっている自分に氣がつくかもしれません。

一足飛びにビューンと上げたものは、心と身体がバランスを取るためにリバウンドもしやすいものですが、ゆっくり丁寧に内側の自分の感覚を大切にして、時間をかけて自分に1から愛情注いで育てる氣持ちをもって取り組んでいくと、あなたの中に自分を愛する感覚が確実に浸透していきます。

そんな時間を1日のうちに5分でもいいので自分のためにプレゼントしてあげませんか?

すると、内側で感じられるホッコリ感や自分を満たす感覚が、外側にもどんどん溢れ出して、あなたをますますキレイにしていくのです。

そうすると、内側も外側も以前の自分よりも輝いて、世界があなたに優しくなっていることに氣がつくことでしょう。

あなたがあなたを大切にした分、世界もバランスをとったかのように優しくりますよ。
今年は土台が大切な年。

自分軸を太くする自己肯定感を上げることは、まさに土台の土をふかふかに耕すことになります。

これから蒔く種がどう育つか、どんな種を蒔こうか、それも大切ですが、今年の運氣の流れに沿って、まずはベースの自分を整え、あなたが心地よくいることが世界を優しくハッピーにする、それを感じる機会を作ってみてはいかがでしょうか。

真剣と深刻は似ているけれど大きく違います。
どんな状況でも朗らかさを忘れずに肩の力を抜いていきましょう。

毎日のルーティンは変わらなくても幸せ感度はあげられます。
毎日心地よく過ごせる時間が増えるだけで、日常の小さな幸せが増えていきます。
そして、柔らかく日々を楽しむことが、あなたの土壌をふかふかに豊かにしていくのです。

2016年は朗らかさや笑顔が幸せを呼ぶ1年です。
日常のちょっとしたことを楽しんで笑顔になるだけで、運氣もアップして、その小さな幸せが積もり積もってもっと大きな幸せを連れて来てくれます。

春分の日から訪れる本格的な2016年の始まりに、軽やかに心地よく毎日を過ごすあなたになって幸せな一年にしましょう。

美容にも効果がある自己肯定力

小林めぐみ

小林めぐみ

投稿者の記事一覧

現在夫と高校生の娘の3人家族。 JISEの認定講師として活動しながら、風水やマヤ暦、占星術などを使って、女性をキラキラ輝かせるお手伝いをしています。

ほんの数年前までのわたしは、自分のことを認められなくて、いつも、もっと頑張らなきゃもっと頑張らなきゃと自分を追い込んで生きていました。

そんなとき、お友達からの紹介でラブマイセルフ・メソッドに出会いました。

そして、自分を愛し大切にすることを教えていただきました。

行きつ戻りつ日々実践していくうち次第に、どんな自分も全部そのまま愛おしいと感じられるようになって、自分に寄り添えるようになっていました。

氣がつくと、自分に正直に毎日を軽やかに過ごせるようになっていたのです。

周りの環境も好転しました。 そして、毎日小さな幸せを喜び、楽しく過ごせるようになっているわたしがいました。

どんなわたしでも受け入れて、寄り添えるようになったことで、何者でもないわたしでいていいんだぁ、という安心感を感じられるようになったのです。

そのおかげなのか、わたしを世界で一番愛してくれる彼とも出会い、結婚して、今は娘と家族3人で幸せな毎日を過ごしています。

これからは、以前のわたしのように人生に生きづらさ、苦しさを感じている女性達をもっと軽やかに、ハッピーに笑顔にして、あなたの今がキラキラと輝きだすお手伝いをさせていただけたら嬉しいです 。

めぐみ先生の講座お申し込みはこちら JISEのサイト

おすすめ記事

部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い! 

ビジネスで、部下の仕事についつい口出ししたくなってしまう場面はないでしょうか?部下の仕事ぶり…

「ほめる」は「いいなぁ」という気持ちを伝えること

「ほめていいことと、ほめて悪いことがあると聞いて褒めることにとても神経質になってしまいます」と話して…

他人からどう思われるかよりも、大切な自己肯定感

自分が身を置く世界が冷たくて敵意に満ちた場所と感じるか、又は、温かくて愛情に満ちた場所と感じるかは、…

あらゆる感情は人間の進化にとって価値がある

楽観主義と悲観主義のどちらかを選択して下さいという問いがあれば、殆どの人は楽観主義を選択すると思いま…

「ふわふわことば」と「ちくちくことば」

最近の小学校低学年では、道徳の時間などに「ふわふわことば」と「ちくちくことば」を教えています。…

母親から、子どもが受け継いでいくもの……

こちらの動画では母娘を例にしていますが、小さなことでも母親が子どもに与える影響はとても大…

失敗して落ち込んだ時にやること

仕事などで失敗した時など、自信がなくなってしまい自分に価値を見いだせず、ひどく落ち込んでしまうことは…

優しくて愛情のある人ほど、傷を受けやすい

あなたは、理不尽だと思うようなことでもつい要求に応じてしまったり、周りの人に振り回されて疲れきってし…

誰もが欲しい「心の栄養」を与えられる人に

あなたが嬉しく元気になるときはどんなときでしょう?人との関わりの中で私たちが幸せを感じる時は…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。