人間関係

もしかして、損得で生きてませんか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

毎日、仕事を通じて沢山の人と会います。皆さんもそうですよね?
その出会いの中で、良く出会うのが「二宮尊徳」ではなくて「二宮損得」。

誰もが、利害関係を計算してしまう事は自然なことかもしれません。

勿論、私もその一人です……

ただ、行き過ぎた「二宮損得」さんは、出会った瞬間に「この人と付き合っていたら得しそうだな。いい事あるな」「こいつは付き合っても損するから付き合わないでおこう」とだけしか考えていませんが、大抵、そういう人の考えは相手にも伝わるものです。

損得さんは、仕事では上手く行っていても家庭内が上手く行かなかったりしていますが、それは、家庭内でも損得で考えて相手(家族)をコントロールしようとする傾向があるためです。
身近な家族は、一番近くで損得さんと関わっているので、それを肌で感じてしまっているので家庭内コミュニケーションが上手くいきません。

自己肯定感の話をすると、特に男性からは『自己肯定感が高い人って自惚れている人が多いですよね』と返答されることもあるのですが、それは損得さんに多いかもしれません。
実は、本当に自己肯定感が高い人は驕り高ぶったり自惚れたりせず、自分の価値を認めるように他人の価値をも大切にするので、ひどい損得さんにはなりません。

本当の自己肯定感とは違う「自惚れている人」は、表面には出しませんが「オレ(私)は凄い。だから、自分の利益にならない人は無視」と考える傾向が強くなりがちです。他人に対する敬意を払う事が不得意なので、相手に興味がないのであなたに「質問」してくる事は少ないです。(※あえて、不得意と書いたのはそれが悪い事ではなくて、その人の特性だと認識しているからです)

勿論、多忙を極めている人は相手とジックリと向き合う時間がなく、あなたに興味を持っていても「質問」できない人もいますので、その辺は理解する必要もありますが、自分が本当に自分の価値を信じていられる人は、自分を大切にすると同時に他人も自分のように大切に出来る人なのです。

周りを率いるリーダーシップと、周りをコントロールする我儘には大きな違いがあります。
そこには「相手を思いやる愛情」があるかどうかが大きな分かれ目です。相手を思いやる愛情に基づいた自己肯定感が構築されている人であれば、時間はかかっても人はいつかそれを理解します。

あなたは、自分を大切に出来てリーダーシップを発揮していますか?
自分を心から大切にできていると、毎日、自分と関わる人を心から大切にできるようになります。

自分と自分の周りの人を大切に出来るようなると、恋愛でも、家庭内でも、パートナーや家族とのコミュニケーションが良くなり、毎日の生活が豊かになります。

自己肯定力を上げるためには?

悲しみと怒りをコントロールするスキル

工藤洋一

投稿者の記事一覧

妻と娘の3人家族。
子どもの教育のために自己肯定感を学び実践してきた妻の変化や、妻が自分のメソッドを女性に伝えた結果、多くの女性達が変化するのを目の当たりにし、男性にも重要な事と認識し学び始める。
自己肯定感を学んで一番大きかった変化は、最悪だった夫婦関係が改善したこと。

24年前、独立したてだった自分は、上手くいかない事を、サポートしてくれない妻(実は完璧なサポートをしてくれていた)のせいにしていた。
ある日の出来事で、自己肯定感が低い自分を認識し“認めた”事から、夫婦関係と事業が上手くいくようになってから24年。
自己肯定感を理解する上で重要な「感情」もコントロールすることができるようになり、怒りの感情が出てきた時に適切に対処できるようになり、ストレスを感じる事も少なくなってきた。

夫の自己肯定感が低いと、家庭内で自分の優位性を認めさせようと、時に怒りや苛立ちをベースにしたコミュニケーションをしがちです。自己肯定感を学ぶ事は、厳しい職場環境などで、日々、忙しく働く男性にこそ必要なメソッドであると感じており、主に男性に向けて自己肯定感のセミナーを開催。

JISE認定講師として活動しながら、ウェブデザイン・ウェブマーケティング業務を行う。

【詳細プロフィール】
http://self-esteem.or.jp/instructor/kudo/

おすすめ記事

日本人の自己肯定感が低い理由の一つは「遺伝子」が関係してる?

高い自己肯定感が醸成されるのには沢山の要素が絡み合っています。親との関係だったり、学校での教…

あなたの願いの実現を左右する「自己肯定感」

「あなたが心から求めるものはあなたの運命の一部手に入れる運命にないものはあなたが欲しいと思うこと…

自己受容を阻むのは、心の中にいるもうひとりの批評家の自分?

自分を受け入れるということは難しいことでしょうか?「自己肯定感」を高めるには、そのままの自分を認…

部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い! 

ビジネスで、部下の仕事についつい口出ししたくなってしまう場面はないでしょうか?部下の仕事ぶり…

「ほめる」は「いいなぁ」という気持ちを伝えること

「ほめていいことと、ほめて悪いことがあると聞いて褒めることにとても神経質になってしまいます」と話して…

他人からどう思われるかよりも、大切な自己肯定感

自分が身を置く世界が冷たくて敵意に満ちた場所と感じるか、又は、温かくて愛情に満ちた場所と感じるかは、…

あらゆる感情は人間の進化にとって価値がある

楽観主義と悲観主義のどちらかを選択して下さいという問いがあれば、殆どの人は楽観主義を選択すると思いま…

「ふわふわことば」と「ちくちくことば」

最近の小学校低学年では、道徳の時間などに「ふわふわことば」と「ちくちくことば」を教えています。…

母親から、子どもが受け継いでいくもの……

こちらの動画では母娘を例にしていますが、小さなことでも母親が子どもに与える影響はとても大…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。