自己実現・目標達成

あなたは意地悪な人。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたは、意地悪な人かもしれません。
世の中でたった一人の大切な人を、時々、激しく虐めているのですから….

もう、お気づきのように、私たちはハッキリと言葉にすることはないものの、心の中で、こんな言葉を自分自身に投げつけています。

「なんで、私ってダメなんだろう?」
「もっと、美しかったら良かったのに….」
「もっと、痩せていたら良かったのに….」
「イケメンに生まれればな」
「どうせ、オレみたいなのはモテないよ」
「いつも、同じ失敗ばかり」
「また、上手くいかなかったな」
「また怒られた」

自分は、これ以上の酷い言葉を自分に投げつけていましたが、皆さんは如何でしょう?

人が生きている以上“比較する”という習慣から逃れる事は出来ません。
比較する事は産業や文化の中で、素晴らしい進化と発展の原動力になってきましたので、悪い事ではありませんが、行き過ぎた他人との比較は「自己肯定感が低い状態時」には、信じられない程のダメージを心に与えてしまいます。

その最大のダメージは、自分の可能性を縮小させること。

「自己肯定感」を高い状態でキープできるようになると、先ほど自分を虐めていた言葉がけを変える事ができます。

「私ってダメなところもあるけど、良いところもあるよ」
「美しい人も沢山いるけど、自分には他人の知らない素敵なところもある」
「痩せていればいいわけじゃない。健康な心身こそが、本当のBeauty」
「男は顔だけじゃないよ、他の魅力で勝負」
「電車の隣のおっさんだって、結婚指輪してる。自分も大丈夫!」
「同じ失敗で怒られたけど、必ずクリアする」
「上手く行かないのは、明日の肥料」
「また怒られた。上司の皆さん、ご指導ありがとう!」

ただ、正直に言います。

最近よく目にする「一瞬で思考を変える法」や「あっという間に幸せになる方法」みたいに、簡単に思考は変わりません。
あなたや自分が生きてきた時間や思考グセが、今の思考を作っているのですから。

一瞬で痩せてしまうのは病気であり、一瞬で大金持ちになるのは宝くじ当選者のようなまぐれです。種を埋めて次の日に収穫出来ることはありません。
美しい筋肉や肌を作り上げるたり、自分の思考を豊かで愛のあるものにするには、一定の時間がかかります。

でも、「心配しないでください」(笑

自分を傷めつける習慣を変えて行きたいという決意があれば、必ず「思考グセ」は変わっていきます。
自己肯定感は最重要ですが、自己肯定感をマスター後に、ネガティブな感情が発生する仕組みを理解する事も必要です。
自己肯定感と感情コントロールを学ぶと、無駄な自分への批判をコントロールできます。

感情を学ぶと、「この間のあの怒りは、こんな小さな感情が元になっていたんだ」「悲しみの元が分かれば、いつまでも悲しい気持ちのまま過ごさなくてもよいんだ!」とか、目からウロコが何枚も落ちることでしょう。

一次感情と二次感情。この概念を知った時、あまりのスゴさに放心状態になりました。

自己肯定感を学んで自分のものにしてしまえば、自己肯定感の低かった自分が雪のように溶けていくことでしょう。

自己肯定力を上げるためには?

悲しみと怒りをコントロールするスキル

工藤洋一

投稿者の記事一覧

妻と娘の3人家族。
子どもの教育のために自己肯定感を学び実践してきた妻の変化や、妻が自分のメソッドを女性に伝えた結果、多くの女性達が変化するのを目の当たりにし、男性にも重要な事と認識し学び始める。
自己肯定感を学んで一番大きかった変化は、最悪だった夫婦関係が改善したこと。

20数年前、独立したてだった自分は、上手くいかない事を、サポートしてくれない妻(実は完璧なサポートをしてくれていた)のせいにしていた。
ある日の出来事で、自己肯定感が低い自分を認識し“認めた”事から、夫婦関係と事業が上手くいくようになりました。
自己肯定感を理解する上で重要な「感情」もコントロールすることができるようになり、怒りの感情が出てきた時に適切に対処できるようになり、ストレスを感じる事も少なくなってきた。

夫の自己肯定感が低いと、家庭内で自分の優位性を認めさせようと、時に怒りや苛立ちをベースにしたコミュニケーションをしがちです。自己肯定感を学ぶ事は、厳しい職場環境などで、日々、忙しく働く男性にこそ必要なメソッドであると感じており、主に男性に向けて自己肯定感のセミナーを開催。

【詳細プロフィール】
http://self-esteem.or.jp/instructor/kudo/

おすすめ記事

自己肯定感を高め、嫉妬をパワーに変える方法

ブログやfacebookなどのソーシャルネットワークからは様々な情報が入ってきます。比べているつもり…

親は「叱る」より「ほめる」ことが苦手~「ほめ写」プロジェクトの調査結果から~

近年、内閣府の「子ども若者白書」や国立青少年教育振興機構などで「日本の子どもたちは諸先進国に比べて自…

心の傷を回復する力は、自己肯定感だった

科学的に証明された、自己肯定感が高いと得られるメリットは沢山ありますが、今回は2つピックアップしてみ…

安定して注目される「自己肯定感」

グーグルトレンドで、様々なキーワードを検索してみました。海外では、self-esteemという検…

日本人の自己肯定感が低い理由の一つは「遺伝子」が関係してる?

高い自己肯定感が醸成されるのには沢山の要素が絡み合っています。親との関係だったり、学校での教…

あなたの願いの実現を左右する「自己肯定感」

「あなたが心から求めるものはあなたの運命の一部手に入れる運命にないものはあなたが欲しいと思うこと…

自己受容を阻むのは、心の中にいるもうひとりの批評家の自分?

自分を受け入れるということは難しいことでしょうか?「自己肯定感」を高めるには、そのままの自分を認…

自己肯定感を高める「ほめる」は「いいなぁ」という気持ちを伝えること

「ほめていいことと、ほめて悪いことがあると聞いて褒めることにとても神経質になってしまいます」と話して…

あらゆる感情は人間の進化にとって価値がある

楽観主義と悲観主義のどちらかを選択して下さいという問いがあれば、殆どの人は楽観主義を選択すると思いま…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。