コミュニケーション

褒めることと認めることはこんなふうに違う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大人に対してでも子どもに対してでも、昔より「褒めて育てよう」的な流れが強まっている気がします。気のせいでしょうか。

いいと思います。おおざっぱにいって、日本人、褒めなさすぎだし褒められなさすぎです。褒めること自体は良きこと。

でも、同時にそこに傾きすぎることには危うさも感じます。 まず、「育てるために」「良い方向に向かうように」「鼓舞するために」褒める方向にいくと、それもまたおかしいというか。そういうのはなんとなく感づくのではないかと。

それに、褒めるにもいろいろあります。 たとえば、子どもに対して 他者と比較して「優れているね」「すごいね」「えらいね」という褒め方に偏ったとしたら、どうでしょう。そこに自分の価値があるのだと潜在的に刷り込まれ、常に外側の軸に意識が向き、自己評価が他者評価に振り回されることになりかねないので、ちょっぴり注意も必要。

また、「褒める」ことに一方的にジャッジするニュアンスを感じて抵抗があるという方も、いるかもしれませんね。

そこで、推したいのが認める・承認する、「認知する」という考え方。褒めることに近いのだけれど、褒めるが「Praise」としたら認知は「Acknowledge」。褒める、が一種の評価や賞賛だとしたら、認知は受け入れる・存在に気づき受け入れている、とというニュアンスです。

1.過去の相手と比べて成長を認知

あくまで当社比です。以前とくらべて、1年前・半年前・1ヶ月前とくらべて変化していたら、「こんなふうになったね」「こんなところが成長したね」と伝える。 以前は縄跳び5回だったのが7回飛べるようになったとか、大人であれば、ミスの回数が減ったとか、数字で伝えるのも効果的。

2.変化や状態を認知

髪型が変わった、今日は笑顔が多いね、誕生日だよね。今日はよく食べるんだね。気づいたままを伝えます。 当然ながら 「太った?」のように もともとの関係性によってはキケンなものもあるので取扱注意(笑)。

3.考え方・在り方・プロセスを認知

こんなことに気をつけていたんだね、○○が好きなんだね。☓☓を大事にしている人だよね。最近○○を頑張ってるよね。

こんなふうにただ、事実や気づいたことを評価判断のタグをつけずに「無印」で伝えていくことで、「受け入れているよ」「わかっているよ」というメッセージになります。

そこに、自分が本当にそれが「好きだよ」とか「こんなふうに助かったよ、ありがとう」という気持ちがあったなら、それも乗せて構わないと思います。それは素直な気持ちであり、信頼関係の構築を後押ししてくれるはずです。

認知は、自分がしてもらった経験から言っても「褒める」よりパワフルです。外側ではなく、自分の内側・自分そのものに意識を向けてもらっている感覚。力をもらえる感覚があります。褒めること・褒められることも良いですが、認知のジワジワくる感じ(?)は、いいものですよ。

是非、周囲の方に、そして自分に(これ大事)、認知してみてください。

自己肯定力を上げるベーシック一日講座

MachidaMiki

MachidaMiki

投稿者の記事一覧

 大学卒業後、複数の外資系企業にて企業人事として勤務。
 近年は、各種研修・ワークショップ等の開発/実施のほか、コーチング等を通じて個人の成長や能力開発をサポート。
 自己肯定感を高めることで、自分自身も、内側に確固たる安心感の土台を築き、出来事や感情に振り回されなくなる・自分の考えや望みがクリアになるといった多くの変容が起こる。また、人事の仕事を通じて多くの人と関わる中で、「自己肯定感」が良好なコミュニケーションやパフォーマンスの鍵となっていることを実感。自身も研究を続けながら、コアテーマに据えて活動中。
 自分に愛情を注ぎ、のびやかに自分の個性や力を発揮し、よりしなやかに人生を楽しむ人が増えていくように。そして未来を担う子どもたちも、そんな大人たちを沢山見ながらすくすく育っていくように。そんな想いで、多くの人に届けていきたいと考えている。

ミキ先生の講座お申し込みはこちら JISEのサイト

おすすめ記事

【自己肯定力 入門講座】セミナー参加者の声

・「自己肯定力はいつからでもトレーニングし向上することができる」これは大きな気づきでした。自分の自己…

【子どもの自己肯定感を高める親力アップ講座】参加者ご感想

・これから産まれてくる子をどう育てるか、いいお話をお伺いできて、とても勉強になりました。赤ちゃんの甘…

不幸は人から人へと“感染”する(ハーバード大学の研究より)

人の感情は人から人へすばやく伝わるのは、皆さんも経験済みだと思います。例えば、電車内で不可解な言…

キレるお年寄り

Yahooニュースで、「キレるお年寄りにどう向き合う 増える暴言・暴力トラブル」という記事を読みまし…

【逃げるは恥だが役に立つ】

新垣結衣さん主演のTBSのドラマ。そこで主人公と契約結婚をする男性(星野源さん)は自尊心の低い男…

「運命の人」という呪縛を手放す

幸せな結婚をするために運命の人と出会いたい!と、多くの独身女性が望んでいると思います。あ…

自己肯定感と女性の恋愛

男性に比べて女性は自己肯定感が低くなる傾向があります。それは、日本特有の社会的影響などもあるので…

はたして、心理学やセミナーで人は幸せになれるのか?

色々な心理学や沢山のメソッドが次から次へと話題になり、少しでも現状が良くなればと、本を読んでみたり新…

セルフイメージ通りの恋愛

理想のパートナーを書いてその通りの人と出会っている人がいる一方で、理想のパートナーを書いているのに、…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。