恋愛・結婚

愛される価値があると思えると、彼から愛される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自分のセルフイメージが変わると、それはそのまま相手との関係性にも影響を与えます。
不思議ですが、恋愛がうまく行っていなかった人が、自分との関係性を良好にして、自分の価値を見いだせると、彼から愛されるのです。

恋愛がうまくいかない場合は、その状況が、先にセルフイメージの中で作られていることも多く、自分が自分をどう思っているかや、自分が恋愛に対してどういう思い込みがあるかが、そのまま相手との関係性に投影されていきます。

セルフイメージは、その人の性質や感受性、これまでどう育てられ、どう愛されたか、今までの恋愛や人間関係で感じたことや、そこで傷ついたことも含めて、自分が自分をどう思うか、どう感じているかで出来上がります。

たとえば、今の自分を受け入れられず、嫌っていると、その状態で自分が相手から愛される価値があるとはとうてい思えません。それを、相手は敏感に感じ取って、なかなかその人を尊重することはできませんし、大切には思えないのです。

自分に否定的な感情を持っていると、なかなか肯定的に物ごとを捉えることができませんので、相手との関係を築く時の障害になりやすくなります。

ここに「自己肯定感」が大きく影響しています。

自分に対して肯定的な態度や感情を持てていないと、相手に安心感を与えることはできません。生きている「心の土台」の部分で「自分は認められている、自分は愛されている」というイメージがないと、自分への存在価値が揺らいでしまうので、様々な場面で問題が起きてくるのです。

かつて、支配的で常に娘にダメ出しをする父親の存在の影響を受けた女性で、男性とお付き合いがうまくいかない女性がいました。彼女の場合、心のどこかで「ダメな私」というイメージがあり、子どもの頃、あんなに干渉されることが嫌だと思っていたのに、それとは裏腹の「誰かに管理(コントロール)されていないと不安」というセルフイメージ。そして「男性は支配するもの」というイメージが出来上がっていたために、干渉したがる支配的な人を無意識に選んでしまう傾向がありました。

彼女のイメージの中には、誰とお付き合いしても「この人も、きっと私を支配して干渉するにちがいない」と感じていたので、相手の男性が少し強い口調になっただけで「また支配される」と恐怖を感じてしまい、彼はそんなつもりはなくても、彼女がひどく感情的になるのでけんかが絶えませんでした。

もともと支配的な彼でなくても、そう思い込んでいる彼女の反応に応えていくうちに、知らず知らずのうちに、彼女に干渉しだすのです。これは彼女の思い込みが彼をそうさせていった可能性も考えられます。

ここで彼女は、自分を受け入れ、認め、ゆるすというステップを踏みながら、自分を大切にして、そのままの自分の価値を認めるトレーニングをしました。

自分を愛して「自己肯定感」を上げていったのです。

すると、自然に自分の生きる「心の土台」の部分ができて「私は愛されている、私は愛される価値がある、私はそのままで認められている」と「価値ある自分」であることを心から信じられるようになりました。すると彼女の恋愛は一気に好転していきました。

私たちは、自分が自分に対して持っている気持ちを、そのまま相手にも持ちます。自分をダメな人間だと考えていると、相手もあなたについて「ダメな人間」だと感じます。自分には魅力なんてないと思っていると、心の奥では、自分を認めて欲しいと思っていても、残念ながら人はあなたの魅力を感じることはできないのです。

あなたはそのままで愛される存在です。
あなたはそのままで十分魅力的です。
あなたはそのままで認められています。

幸せな恋愛や結婚を望む女性に一番大切にしてほしいのは、自分に対してのイメージをよくしていくこと。そのために自己肯定感を持てるようになってほしいのです。
まず誰よりもあなた自身を愛してあげましょう。

あなたが「私は愛される価値がある」と心から思えれば、あなたを愛さずにはいられない男性は必ず現れるのです。

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

自己肯定力入門講座

 

工藤紀子

工藤紀子

投稿者の記事一覧

自己肯定力スペシャリスト、JISEエグゼクティブトレーナー、一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会 代表理事、ヴィーナス・クリエイト代表
長年外資系企業に勤務し、22年前の子育て中に「自己肯定感」の大切さを知り、自らも高めたことで、抱えていた問題が解決し、人生が大きく好転した経験から、以来、「心の仕組み」の理解と「自己肯定力を高め自分を愛する」ための研究を続け、2005年よりその方法を多くの人に伝えるためヴィーナス・クリエイトを設立。「女性の幸せが社会の幸せを創造する」という理念のもと年100回以上のセミナーを開催。10年間でクチコミでのべ15000人以上が参加。
2013年に一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会を設立。人が生きていく上で一番大切な感覚である「セルフエスティーム(自己肯定感、自尊心)」を高めることで、誰もが本来の力と自信を取り戻し、幸福度の高い社会を実現することを目的に、セミナーや企業研修、講演会を通して「自己肯定力」を高める機会の提供と、「自己肯定力」を広く普及できる人材(認定講師)の育成に力を入れている。
【一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会】 
【ヴィーナス・クリエイト】

おすすめ記事

日本人の自己肯定感が低い理由の一つは「遺伝子」が関係してる?

高い自己肯定感が醸成されるのには沢山の要素が絡み合っています。親との関係だったり、学校での教…

あなたの願いの実現を左右する「自己肯定感」

「あなたが心から求めるものはあなたの運命の一部手に入れる運命にないものはあなたが欲しいと思うこと…

自己受容を阻むのは、心の中にいるもうひとりの批評家の自分?

自分を受け入れるということは難しいことでしょうか?「自己肯定感」を高めるには、そのままの自分を認…

部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い! 

ビジネスで、部下の仕事についつい口出ししたくなってしまう場面はないでしょうか?部下の仕事ぶり…

「ほめる」は「いいなぁ」という気持ちを伝えること

「ほめていいことと、ほめて悪いことがあると聞いて褒めることにとても神経質になってしまいます」と話して…

他人からどう思われるかよりも、大切な自己肯定感

自分が身を置く世界が冷たくて敵意に満ちた場所と感じるか、又は、温かくて愛情に満ちた場所と感じるかは、…

あらゆる感情は人間の進化にとって価値がある

楽観主義と悲観主義のどちらかを選択して下さいという問いがあれば、殆どの人は楽観主義を選択すると思いま…

「ふわふわことば」と「ちくちくことば」

最近の小学校低学年では、道徳の時間などに「ふわふわことば」と「ちくちくことば」を教えています。…

母親から、子どもが受け継いでいくもの……

こちらの動画では母娘を例にしていますが、小さなことでも母親が子どもに与える影響はとても大…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。