恋愛・結婚

障害のある恋愛を卒業するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

恋愛では相手から「まっすぐに愛されている」という安心感はとても幸福な気持ちにしてくれます。

ただ一方で、女性の皆さんのなかには、うまくいかない恋愛に悩まれている方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、遠距離恋愛、ハードワーカーの彼、既婚者との恋愛、周りから反対される恋愛(結婚)、相手から連絡が来なくなってしまう恋愛、いつも自分から壊してしまう恋愛など、このようにうまくいかない恋愛にはなんらかの障害がつきものです。

あなたはいかがですか?

もし「自分の恋愛は何かいつも障害がある」と思われていたら、その恋愛のパターンを手放して、あなたが心から喜びを感じられる恋愛にしていけたらステキですね。

恋愛がうまくいかないとき、恋愛に障害があるように思えるとき、なぜだろう?と思いますが、このとき、もしかしたら相手から「愛されたい」と思っているのに、あなた自身が心の深いところで、相手から愛されることを恐れているのかもしれません。

それは無意識なのですが、心のどこかで「一人の男性にまっすぐに愛される価値がないのでは?」という密かな不安や恐れ、自信のなさが、相手と親密になることを阻んでしまうのです。

それは自分が愛されることを潜在的に怖がっている状態です。

すると常にその無意識が優位となり、相手から大切にされない恋愛をつくりだします。

実はそこに隠れている問題は、相手との関係ではなく、自分との関係なのです。

自分で自分をまっすぐに愛せていないときや、自分を受け入れられていないときは、相手が自分を愛することを自分が許可できていませんので、相手からの愛を受け取ることは難しいのです。

そこであえて、遠距離やなかなか逢えない彼というシチュエーションや様々な障害を作りだし、それでバランスを取ろうとしてしまいます。

すると相手からまっすぐに愛されないように壁(障害)が必要になるのです。

頭では愛されたいと願っているのに、あなた自身が相手との間に、全力であらゆる障害(壁)を出現させてしまい、まっすぐに愛されるのを阻んで、この矛盾を作りだしています。

それではこの障害のある恋愛を卒業するにはどうしたら良いのでしょう?

それは、自分との関係をとことん良くしていくこと。

ここで大事なのは、そのままの自分を受け入れ、自分は愛される存在だと思える「自己肯定感」の土台をつくることです。

恋愛で「自己肯定感」が持てていないと、相手との関係に信頼が持てず、絶えず不安を作り出し、そのために相手との関係をうまく築けません。

相手との関係をどう良くするかの前に、自分との関係をとことんよくすることが大切なのは、こういう理由からです。

「自己肯定感」が持てているかどうかは、自分との関係性がベースとなり、それは他者との関係にも大きな影響を与えます。それがそのまま恋愛や仕事にも大きく関わっているのです。

この10年間でのべ15000人以上の女性たちとお会いして、障害のある恋をしていた女性が、自分をまっすぐに愛せるようになり、自己肯定感をしっかり持てたことで、恋愛がうまくいくケースは沢山ありました。

もし恋愛がうまくいかないと感じていたら

自分を、まっすぐに愛してあげましょう。

自分を、とことん幸せにしてあげましょう。

自分と、とことん仲良くなりましょう。

このように自己肯定感が高まると、あなたの恋愛には、障害(壁)は必要なくなります。

すると、相手からまっすぐに愛されるあなたになり、不安や恐れからではない最高のパートナーシップを築いていけるのです。

自己肯定力を上げるベーシック一日講座

工藤紀子

工藤紀子

投稿者の記事一覧

自己肯定力スペシャリスト、JISEエグゼクティブトレーナー、一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会 代表理事、ヴィーナス・クリエイト代表
長年外資系企業に勤務し、22年前の子育て中に「自己肯定感」の大切さを知り、自らも高めたことで、抱えていた問題が解決し、人生が大きく好転した経験から、以来、「心の仕組み」の理解と「自己肯定力を高め自分を愛する」ための研究を続け、2005年よりその方法を多くの人に伝えるためヴィーナス・クリエイトを設立。「女性の幸せが社会の幸せを創造する」という理念のもと年100回以上のセミナーを開催。10年間でクチコミでのべ15000人以上が参加。
2013年に一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会を設立。人が生きていく上で一番大切な感覚である「セルフエスティーム(自己肯定感、自尊心)」を高めることで、誰もが本来の力と自信を取り戻し、幸福度の高い社会を実現することを目的に、セミナーや企業研修、講演会を通して「自己肯定力」を高める機会の提供と、「自己肯定力」を広く普及できる人材(認定講師)の育成に力を入れている。
【一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会】 
【ヴィーナス・クリエイト】

おすすめ記事

部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い! 

ビジネスで、部下の仕事についつい口出ししたくなってしまう場面はないでしょうか?部下の仕事ぶり…

「ほめる」は「いいなぁ」という気持ちを伝えること

「ほめていいことと、ほめて悪いことがあると聞いて褒めることにとても神経質になってしまいます」と話して…

他人からどう思われるかよりも、大切な自己肯定感

自分が身を置く世界が冷たくて敵意に満ちた場所と感じるか、又は、温かくて愛情に満ちた場所と感じるかは、…

あらゆる感情は人間の進化にとって価値がある

楽観主義と悲観主義のどちらかを選択して下さいという問いがあれば、殆どの人は楽観主義を選択すると思いま…

「ふわふわことば」と「ちくちくことば」

最近の小学校低学年では、道徳の時間などに「ふわふわことば」と「ちくちくことば」を教えています。…

母親から、子どもが受け継いでいくもの……

こちらの動画では母娘を例にしていますが、小さなことでも母親が子どもに与える影響はとても大…

失敗して落ち込んだ時にやること

仕事などで失敗した時など、自信がなくなってしまい自分に価値を見いだせず、ひどく落ち込んでしまうことは…

優しくて愛情のある人ほど、傷を受けやすい

あなたは、理不尽だと思うようなことでもつい要求に応じてしまったり、周りの人に振り回されて疲れきってし…

誰もが欲しい「心の栄養」を与えられる人に

あなたが嬉しく元気になるときはどんなときでしょう?人との関わりの中で私たちが幸せを感じる時は…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。