お薦め書籍や動画

自分をブスだと思うことがなぜ悪いのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

世界の中でも「自己肯定感」が低いと言われている日本人ですが、ネット環境の充実、PCやスマホの普及により、世界中の子どもたちと、そして大人もが「自分の魅力や価値」を見失っていると感じます。

『Dove 自尊心向上プロジェクト』のミーガン・ラムジーはスピーチの中で米国の現況を説明していますが、勿論、日本にも当てはまり、大人がやらなくてはいけない事が見えてきます。
子どもたちを守ってあげる事と同時に、大人自身も他人との比較をやめ自分たちの価値を認めてあげる事が重要だと思います。

比較することは更なる進化への原動力にもなりますが、その反面で失望も生み出してしまうのです。
美しくなければならない、成功しなければならない、痩せていないとカッコ悪い、等など、社会が勝手に設定した価値観に振り回される日々を終わりにして、自分の価値観を最優先(Myself first, Love myself)して、子どもたちにも伝えていく時期かもしれません。

月に1万人もの人が「私はブス?」とネット検索するという現実があります。『Dove 自尊心向上プロジェクト』のミーガン・ラムジーはこの大部分が若い女の子たちからのものだと感じています。この聞き捨てならないような話の中で、彼女は体型や容姿への自信のなさが、学業成績の低さからドラッグやアルコールへのリスクまで、どれほどの影響を及ぼすかについて教えてくれます。そして最後に、我々がどうすればこの現実を変えていけるのかについて話しています。

工藤洋一

投稿者の記事一覧

妻と娘の3人家族。
子どもの教育のために自己肯定感を学び実践してきた妻の変化や、妻が自分のメソッドを女性に伝えた結果、多くの女性達が変化するのを目の当たりにし、男性にも重要な事と認識し学び始める。
自己肯定感を学んで一番大きかった変化は、最悪だった夫婦関係が改善したこと。

24年前、独立したてだった自分は、上手くいかない事を、サポートしてくれない妻(実は完璧なサポートをしてくれていた)のせいにしていた。
ある日の出来事で、自己肯定感が低い自分を認識し“認めた”事から、夫婦関係と事業が上手くいくようになってから24年。
自己肯定感を理解する上で重要な「感情」もコントロールすることができるようになり、怒りの感情が出てきた時に適切に対処できるようになり、ストレスを感じる事も少なくなってきた。

夫の自己肯定感が低いと、家庭内で自分の優位性を認めさせようと、時に怒りや苛立ちをベースにしたコミュニケーションをしがちです。自己肯定感を学ぶ事は、厳しい職場環境などで、日々、忙しく働く男性にこそ必要なメソッドであると感じており、主に男性に向けて自己肯定感のセミナーを開催。

JISE認定講師として活動しながら、ウェブデザイン・ウェブマーケティング業務を行う。

おすすめ記事

【自己肯定力 入門講座】セミナー参加者の声

・「自己肯定力はいつからでもトレーニングし向上することができる」これは大きな気づきでした。自分の自己…

【子どもの自己肯定感を高める親力アップ講座】参加者ご感想

・これから産まれてくる子をどう育てるか、いいお話をお伺いできて、とても勉強になりました。赤ちゃんの甘…

不幸は人から人へと“感染”する(ハーバード大学の研究より)

人の感情は人から人へすばやく伝わるのは、皆さんも経験済みだと思います。例えば、電車内で不可解な言…

キレるお年寄り

Yahooニュースで、「キレるお年寄りにどう向き合う 増える暴言・暴力トラブル」という記事を読みまし…

【逃げるは恥だが役に立つ】

新垣結衣さん主演のTBSのドラマ。そこで主人公と契約結婚をする男性(星野源さん)は自尊心の低い男…

「運命の人」という呪縛を手放す

幸せな結婚をするために運命の人と出会いたい!と、多くの独身女性が望んでいると思います。あ…

自己肯定感と女性の恋愛

男性に比べて女性は自己肯定感が低くなる傾向があります。それは、日本特有の社会的影響などもあるので…

はたして、心理学やセミナーで人は幸せになれるのか?

色々な心理学や沢山のメソッドが次から次へと話題になり、少しでも現状が良くなればと、本を読んでみたり新…

セルフイメージ通りの恋愛

理想のパートナーを書いてその通りの人と出会っている人がいる一方で、理想のパートナーを書いているのに、…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。