教育・子育て

ママの言葉で新しい自分に出会える幸せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

子どもはママやパパの言葉で新しい自分に出会うことができます。
あなたは子どもにどんな言葉がけをしてあげていますか?

「◯ちゃんは優しい子ね」

というママの言葉によって、子どもは優しい自分に出会うことができます。
そして、子どもはママやパパが自分に向けてくれる言葉が大好きです

「◯ちゃんは、ピンクがとっても似合うね」

「◯ちゃんは、駆け足がとっても早いのね」

「◯ちゃんは、努力家だね」

というママやパパの言葉によって、はじめてその子はピンクが似合う自分や駆け足が早い自分、努力家の自分に出会うことができます。
男の子なら、パパが

「◯◯はたくましいところがあるな。木に止まっていたカブトムシを手でつかまえられたんだよ」

こんな言葉を言ってもらえると、子どもはうっとりして、とても誇らしげな気持ちになります。

「だって、ボク男の子だもん」

このとき彼は、パパの言葉によって初めて出会ったもうひとりの「たくましい自分」としっかり同一化を果たすことができるのです。そしてその瞬間から、彼はもうすっかりたくましい本物の男の子になります。

反対に

「◯◯はホントに臆病だな。カブトムシもつかめないなんて」

こんなふうに言われてしまうと、子どもは今まで「臆病な自分」がどういうものか分からなくても、ここで「臆病な自分」に出会い、止む無く「臆病な自分」と同一化をしなければなりません。

親としては、たくましくなって欲しいから、その子に向かって「弱虫だな」「臆病だな」と言ったとしても、その言葉をそのまま受け取った子は、親が望むようにたくましくなりたくても、「ボクは弱虫だ」「ぼくは臆病なんだ」と親からの言葉が耳から離れず、たくましくなる代わりに、本物の弱虫になってしまうのです。
例えば、すぐに泣いてしまう子に対して「弱虫!」と言い続ければ、その子はその度に弱い自分に出会うことになり、「弱虫な自分」と同一化します。

するといつまでたっても「弱虫な自分」から「強い自分」にはなれません。
こんなときは「強くなれ」と何度もハッパをかけても、子どもは強くなることはできません。

その子に強くなってほしいと願うならば、「涙がでちゃったんだね。いいんだよ。◯◯はホントは強い子なんだよ」と、やさしく言ってあげて、その子がまだ出会っていない自分に出会えるようにしてあげられるといいですね。

親は往々にして感情的になってしまうと、このように子どものできないところや欠点を強調して、逆効果になる言葉がけをしてしまうことがあります。
子どもが自分をどう思うかのセルフイメージは、親の言葉がけによって作られていきます。
これは子どもの良い部分を伸ばしていき、その子が生きていく上で大事な土台となる「自己肯定感」を育むのにもとても重要です。
子どもは、一度、親が決めつけたマイナスのセルフイメージと同一化すると、自信をなくしていくばかりで、一度決めつけられたダメな評価からリカバー(起死回生)するのは、とても時間がかかります。
だからといって子どもをただおだてて、親の望みを押し付けた褒め方でコントロールしようとすることがあってはいけないのです。
その子と向き合い、愛情をもってその子のありのままを認め、その子がよい意味で新しい自分に出会えるような肯定的な言葉がけをしていけたらステキですね。
子どもは、自分自分を親の言葉通りに同一化させようとします。それが子どもの成長に大切な役割を果たしていくのです。
ママやパパのよい言葉がけによって、子どもはよい自分に出会うことができ、子どもの「自己肯定感」の土台が作られていきます。

工藤紀子

工藤紀子

投稿者の記事一覧

自己肯定力スペシャリスト、JISEエグゼクティブトレーナー、一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会 代表理事、ヴィーナス・クリエイト代表
長年外資系企業に勤務し、22年前の子育て中に「自己肯定感」の大切さを知り、自らも高めたことで、抱えていた問題が解決し、人生が大きく好転した経験から、以来、「心の仕組み」の理解と「自己肯定力を高め自分を愛する」ための研究を続け、2005年よりその方法を多くの人に伝えるためヴィーナス・クリエイトを設立。「女性の幸せが社会の幸せを創造する」という理念のもと年100回以上のセミナーを開催。10年間でクチコミでのべ15000人以上が参加。
2013年に一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会を設立。人が生きていく上で一番大切な感覚である「セルフエスティーム(自己肯定感、自尊心)」を高めることで、誰もが本来の力と自信を取り戻し、幸福度の高い社会を実現することを目的に、セミナーや企業研修、講演会を通して「自己肯定力」を高める機会の提供と、「自己肯定力」を広く普及できる人材(認定講師)の育成に力を入れている。
【一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会】 
【ヴィーナス・クリエイト】

おすすめ記事

部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い! 

ビジネスで、部下の仕事についつい口出ししたくなってしまう場面はないでしょうか?部下の仕事ぶり…

「ほめる」は「いいなぁ」という気持ちを伝えること

「ほめていいことと、ほめて悪いことがあると聞いて褒めることにとても神経質になってしまいます」と話して…

他人からどう思われるかよりも、大切な自己肯定感

自分が身を置く世界が冷たくて敵意に満ちた場所と感じるか、又は、温かくて愛情に満ちた場所と感じるかは、…

あらゆる感情は人間の進化にとって価値がある

楽観主義と悲観主義のどちらかを選択して下さいという問いがあれば、殆どの人は楽観主義を選択すると思いま…

「ふわふわことば」と「ちくちくことば」

最近の小学校低学年では、道徳の時間などに「ふわふわことば」と「ちくちくことば」を教えています。…

母親から、子どもが受け継いでいくもの……

こちらの動画では母娘を例にしていますが、小さなことでも母親が子どもに与える影響はとても大…

失敗して落ち込んだ時にやること

仕事などで失敗した時など、自信がなくなってしまい自分に価値を見いだせず、ひどく落ち込んでしまうことは…

優しくて愛情のある人ほど、傷を受けやすい

あなたは、理不尽だと思うようなことでもつい要求に応じてしまったり、周りの人に振り回されて疲れきってし…

誰もが欲しい「心の栄養」を与えられる人に

あなたが嬉しく元気になるときはどんなときでしょう?人との関わりの中で私たちが幸せを感じる時は…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。