人間関係

感情コントロールは人間関係の質を変える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自然の景色には無限の色合いががありますが、結局は色の三元素である赤、青、黄色を混ぜたものです。

同様に、私たちが感じる「感情」も何かが起こったとき(または逆説的に起こらなかったとき)に感じるものも、基本的には感情の組み合わせで出来ていると考えられます。

現在考えられている感情は、チャールズ・ダーウィンが提唱した6つの基本的感情である<喜び><驚き><悲しみ><恐怖><嫌悪><怒り>の他に、心理学者のポール・エクマン※1が加えた10の感情<楽しみ><軽蔑><満足><当惑><興奮><罪悪感><得意><充足><官能的な喜び><羞恥>の16の感情があるとしています。

基本的感情は赤ちゃんも持つ感情で、追加された10感情は成長ともに持つようになる感情と言い換えても良いと思います。例えば、軽蔑の感情や罪悪感に苛まされる赤ちゃんはいませんが、成長過程で軽蔑や罪悪感などの感情を持つようになるのはその証明になると思います。

なぜ人は感情を持つのかは多くの議論があり、大きく分けると「遺伝」「身体的反応」「思考」「文化」の4つ仮説があります。どれか一つではなく複合的な要素が絡みあっていると考えられていますが、ネガティブ感情をコントロールできるようになったらより良い人生を送ることができるのではないでしょうか?

ネガティブ感情が進化過程で残っているということはそれが必要であるからですが、ネガティブ感情を持った時にすぐに感情をコントロールできるようなれば、下記のような沢山のメリットがあります。

※人前であがらなくなる。
※怒りにまかせて酷いことを言ってしまうことがなくなる。
※失敗しても消沈せず、平静な気持ちでいられる。
※自分の欠点を恥ずかしいと思ったりしなくなる。
※恋に盲目的になり、感情に突き動かされて大失敗しなくなる。

その為には、それぞれの感情がどんな時に、そしてなぜ沸き起こるのかを理解する必要があります。

最近、怒りのコントロール方法は紹介されるようになりましたが、文化的遺伝的側面で考えるのであれば欧米人のように怒りを抑えずに自分が怒っていることを表す傾向がある民族もいれば、日本人のように怒りを抑えてしまい鬱積した感情としてストレス化してします民族も存在します。「怒り」の感情ひとつをとっても対処方法は違ってくるのです。

では、嫌悪や罪悪感、羞恥などの感情のコントロールに関してはいかがでしょう? もし「恥ずかしい!」と思った瞬間や嫌な気持ちになった時、それがなぜ起こっているのかを冷静に判断しすぐに対応することができたら、きっと毎日の生活が楽になるのではないでしょうか?

感情の揺れは、自己肯定感に大きく影響します。自分の失敗に関する感情(怒り、悲しみ、罪悪感など)を処理しきれない状態が続くと、自分のことを認めることは難しくなってきます。
ベーシック講座では、レジリエンス(逆境力)の説明時に「自己肯定感」の影の力は「感情力」とお伝えしていますが、自己肯定感という確固たるベースを固めるために「感情コントロール」は避けて通ることができません。

私は「怒り」「羨望」という感情のコントロールが苦手でしたが、この2つの感情コントロールをすることが出来るようになったおかげで、「自分との関係」(自己肯定感や自己評価)を改善することができました。自分との関係が良好になると、次に変化するの家庭や職場など、身近な人との人間関係が変化します。

なぜなら、感情を学ぶと相手の感情を理解し、共感することができるようになるからです。

メンタルマネージメント強化講座

※1ポール・エクマン(Paul Ekman、1934年 – )は感情と表情に関する先駆的な研究を行ったアメリカ合衆国の心理学者。20世紀の傑出した心理学者100人に選ばれた。アメリカのテレビドラマ『Lie to Me(ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間)』の主人公カル・ライトマン博士のモデルとなった。(引用:Wiki Pediaより)

工藤洋一

投稿者の記事一覧

妻と娘の3人家族。
子どもの教育のために自己肯定感を学び実践してきた妻の変化や、妻が自分のメソッドを女性に伝えた結果、多くの女性達が変化するのを目の当たりにし、男性にも重要な事と認識し学び始める。
自己肯定感を学んで一番大きかった変化は、最悪だった夫婦関係が改善したこと。

20数年前、独立したてだった自分は、上手くいかない事を、サポートしてくれない妻(実は完璧なサポートをしてくれていた)のせいにしていた。
ある日の出来事で、自己肯定感が低い自分を認識し“認めた”事から、夫婦関係と事業が上手くいくようになりました。
自己肯定感を理解する上で重要な「感情」もコントロールすることができるようになり、怒りの感情が出てきた時に適切に対処できるようになり、ストレスを感じる事も少なくなってきた。

夫の自己肯定感が低いと、家庭内で自分の優位性を認めさせようと、時に怒りや苛立ちをベースにしたコミュニケーションをしがちです。自己肯定感を学ぶ事は、厳しい職場環境などで、日々、忙しく働く男性にこそ必要なメソッドであると感じており、主に男性に向けて自己肯定感のセミナーを開催。

【詳細プロフィール】
http://self-esteem.or.jp/instructor/kudo/

おすすめ記事

感情コントロールは人間関係の質を変える

自然の景色には無限の色合いががありますが、結局は色の三元素である赤、青、黄色を混ぜたものです。…

あなたは自分を過小評価しすぎていませんか?

社会的にも「自己肯定感」が注目されています。人生が上手くいっている人ほど「自分を信じる力」を持っ…

「傲慢」と「高い自己評価」の違い

自己肯定感を高めましょうとお伝えすると、誤解されることの一つに「自信を持ちすぎると傲慢になる」という…

心の傷を回復する力は、自己肯定感だった

科学的に証明された、自己肯定感が高いと得られるメリットは沢山ありますが、今回は2つピックアップしてみ…

安定して注目される「自己肯定感」

グーグルトレンドで、様々なキーワードを検索してみました。海外では、self-esteemという検…

日本人の自己肯定感が低い理由の一つは「遺伝子」が関係してる?

高い自己肯定感が醸成されるのには沢山の要素が絡み合っています。親との関係だったり、学校での教…

あなたの願いの実現を左右する「自己肯定感」

「あなたが心から求めるものはあなたの運命の一部手に入れる運命にないものはあなたが欲しいと思うこと…

自己受容を阻むのは、心の中にいるもうひとりの批評家の自分?

自分を受け入れるということは難しいことでしょうか?「自己肯定感」を高めるには、そのままの自分を認…

部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い! 

ビジネスで、部下の仕事についつい口出ししたくなってしまう場面はないでしょうか?部下の仕事ぶり…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。