人間関係

「傲慢」と「高い自己評価」の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自己肯定感を高めましょうとお伝えすると、誤解されることの一つに「自信を持ちすぎると傲慢になる」というものがあります。

ビジネスマンの方からの指摘が多いのは、上司や同僚に自分自身に絶対的な自信があり他人を見下す傾向の人がいるからだと思いますが、確かに、傲慢といわれる人は自分に自信があり、自分の業績を誇らしげに語って相手の賛辞を当然のことのように受け入れる傾向があります。「自分は特別な人間だ」「他の人たちは自分を大切にして当然だ」とも思っているので、周りからは疎まれたり、恐怖の対象として見られたリもします。

こうした傲慢傾向にある人は、成功している人、結果を出している人に多いのですが、自分が普通の人と同じように扱われることに耐えられない人も多く、レストランやホテルなどで気に入らないことがあるとクレームをつけて自分の思い通りにするように要求する人も多いようです。こうしたケースを耳にしたことはないでしょうか?

自分を押し通す人の方が成功するという研究結果もあり(※)、自分に自信を持つことは悪いことではなく、自信を失いがちな日本人はどんどん自分に自信を持つようにすべきだと思いますが、傲慢は常に相手からの賞賛をエネルギーにしているのに対して、協会が推奨している「高い自己肯定感(自信)」を持つことは、常に自分自身が内面からの賞賛をエネルギーにするという面で大きな違いがあります。

この違いを手に入れると、下記のような違いがでてきます。

1.仕事現場で同僚からのリスペクトがある。
2.友人からの信頼がある。
3.家族からのリスペクトがある。
4.なにより自分自身へのリスペクトがある

正しく自己肯定感を高めるためには、集中して学び、実践すると効果が出ます。一人でダイエットが出来る人もいれば、ジムで効果を出す人もいます。
一気に自己肯定感を高めたい方は、こちらをご覧になってください。

(※)Self-esteem in young men: a longitudinal analysis of the impact of educational and occupational attainment.

自己肯定力を上げる5回連続コース

工藤洋一

投稿者の記事一覧

妻と娘の3人家族。
子どもの教育のために自己肯定感を学び実践してきた妻の変化や、妻が自分のメソッドを女性に伝えた結果、多くの女性達が変化するのを目の当たりにし、男性にも重要な事と認識し学び始める。
自己肯定感を学んで一番大きかった変化は、最悪だった夫婦関係が改善したこと。

20数年前、独立したてだった自分は、上手くいかない事を、サポートしてくれない妻(実は完璧なサポートをしてくれていた)のせいにしていた。
ある日の出来事で、自己肯定感が低い自分を認識し“認めた”事から、夫婦関係と事業が上手くいくようになりました。
自己肯定感を理解する上で重要な「感情」もコントロールすることができるようになり、怒りの感情が出てきた時に適切に対処できるようになり、ストレスを感じる事も少なくなってきた。

夫の自己肯定感が低いと、家庭内で自分の優位性を認めさせようと、時に怒りや苛立ちをベースにしたコミュニケーションをしがちです。自己肯定感を学ぶ事は、厳しい職場環境などで、日々、忙しく働く男性にこそ必要なメソッドであると感じており、主に男性に向けて自己肯定感のセミナーを開催。

【詳細プロフィール】
http://self-esteem.or.jp/instructor/kudo/

おすすめ記事

相手のせいだと思っていた嫌な気分は、他の誰でもない、自分に理由があった?

日々生活をしていると、いろいろな場面で、なかなかいい気分でばかりはいられません。あなたはいか…

自己肯定感を高めるマインドセット(4)自分の価値を証明しなくても、あなたはあなたのままで素晴らしい

私たちは、なぜ自分をあるがままに受け入れることが、なかなかできないのでしょう?あなたはいかが…

自己肯定感を高めるマインドセット(3)あなたも、相手もどちらも正しい

私たちはついつい他人の行動を直したくなります。それも家族やパートナー、身近な人であればあるほ…

自己肯定感を高めるマインドセット(2)たとえ完璧でなくてもあなたの価値は変わらない

完璧主義の傾向にあると、どれだけ努力しても、うまくできても「まだ不十分」と考えてしまいます。又、上手…

自己肯定感を高めるマインドセット(1)間違っても失敗しても、あなたの価値は変わらない

私たちが日々生きている中で、一番恐れているものは何でしょう?多くの人は「失敗をしたくない」と…

自己肯定感を高め、嫉妬をパワーに変える方法

ブログやfacebookなどのソーシャルネットワークからは様々な情報が入ってきます。比べているつもり…

同僚の業績に一喜一憂しない「自己肯定感の保ち方」

あなたは会社の同僚の業績が気になりますか?社会人になって、仕事をする中で、人との比較で自己評…

親は「叱る」より「ほめる」ことが苦手~「ほめ写」プロジェクトの調査結果から~

近年、内閣府の「子ども若者白書」や国立青少年教育振興機構などで「日本の子どもたちは諸先進国に比べて自…

感情コントロールは人間関係の質を変える

自然の景色には無限の色合いががありますが、結局は色の三元素である赤、青、黄色を混ぜたものです。…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。