体の健康

日本人の自己肯定感が低い理由の一つは「遺伝子」が関係してる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

高い自己肯定感が醸成されるのには沢山の要素が絡み合っています。

親との関係だったり、学校での教育だったり、幼少期にどんな遊びをしたか、どんな食べ物を食べているか、睡眠、大人になってからの家庭環境、パートナーとの関係など、数え上げればキリがないほどです。勿論、私たち(セルフエスティーム普及協会)はそれぞれの問題に関し200以上のワークを通して解決策を提案できていますが、今日は、自己肯定感と遺伝子の関係についてお話しようと思います。

ヴェルツバーグ大学のピーター・レッツ医学博士らの研究で、セロトニントランスポーター遺伝子型の違いから、性格の方向性に違いがあることがわかってきました。

日本人の自己肯定感が低い理由の一つにセロトニントランスポーター遺伝子(ポジティブ遺伝子)の型が関係しています。セロトニントランスポーターはセロトニンの伝達に関係している遺伝子で、セロトニントランスポーター遺伝子には、SS、SL、LLと3つのタイプがあります。

LL型はセロトニンがよく働くタイプであり、このタイプを持つ人は精神が安定していて楽観的な人が多く「ポジティブ遺伝子」と呼ぶこともあります。逆にSS型はセロトニンが働きにくく不安状態に陥ることが多くなりますので、SS型を「ネガティブ遺伝子」と言い換えても良いかもしれません。

ご想像通り、日本人のセロトニントランスポーターの型は圧倒的にSS型が多く、人口の3分の2強を占めると言われており、LL型のポジティブ遺伝子を持っている人は人口に対して3%未満という調査結果がありますので、日本人は慎重で臆病、神経質になりやすい傾向にあるといえるでしょう。

一方、ポジティブイメージのあるアメリカでは、LL型の遺伝子を持つ人が3分の1近く、SS型は2割未満という結果があります。

Youtubeなどでエクストリームスポーツ(過激な要素を持った、離れ業を売りとするスポーツ)の動画を見ていると、アジア人に比べて欧米人が多いのもこのセロトニントランスポーター遺伝子、特にポジティブ遺伝子のLL型を持っている人かどうかが影響していると考えても良いかもしれません。

——————————————————-
日本人(セロトニントランスポーター遺伝子)

SSタイプ・・・68.2%
SLタイプ・・・30.1%
LLタイプ・・・1.7%
——————————————————-
アメリカ人(セロトニントランスポーター遺伝子)

SSタイプ・・・18.8%
SLタイプ・・・48.9%
LLタイプ・・・32.3%
——————————————————-

ここで誤解して頂きたくないのは、ポジティブにはポジティブの良さがあり、ネガティブにはネガティブの良さがあります。最初に「高い自己肯定感が醸成されるのには沢山の要素が絡み合っています」と書きましたが、日本人はSS型を持っていてネガティブ(慎重)思考に陥りやすい傾向にあり、遺伝子は気質を決める沢山の要素の中一つなのだと「知識」として持っていることが重要なのです。

例え、先天的に遺伝子型が不安になりやすいSS型であっても、セロトニンを増やす行動(食事や運動)と、私たちがお伝えしている自己肯定感を高めるワークを通して思考癖を改善し、後天的にポジティブ思考にする事は可能です。

 

■こちらの記事もどうぞ。

幸せホルモン「セロトニン」を味方につける

 

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

金沢、大阪、東京(文京区、渋谷区)、千葉、横浜、神奈川県二宮町、神戸、沖縄でのセミナー開催日が更新されました。セミナーのご案内は下記からご覧ください。

自己肯定力入門講座

自己肯定力を上げるベーシック一日講座

工藤洋一

投稿者の記事一覧

妻と娘の3人家族。
子どもの教育のために自己肯定感を学び実践してきた妻の変化や、妻が自分のメソッドを女性に伝えた結果、多くの女性達が変化するのを目の当たりにし、男性にも重要な事と認識し学び始める。
自己肯定感を学んで一番大きかった変化は、最悪だった夫婦関係が改善したこと。

24年前、独立したてだった自分は、上手くいかない事を、サポートしてくれない妻(実は完璧なサポートをしてくれていた)のせいにしていた。
ある日の出来事で、自己肯定感が低い自分を認識し“認めた”事から、夫婦関係と事業が上手くいくようになってから24年。
自己肯定感を理解する上で重要な「感情」もコントロールすることができるようになり、怒りの感情が出てきた時に適切に対処できるようになり、ストレスを感じる事も少なくなってきた。

夫の自己肯定感が低いと、家庭内で自分の優位性を認めさせようと、時に怒りや苛立ちをベースにしたコミュニケーションをしがちです。自己肯定感を学ぶ事は、厳しい職場環境などで、日々、忙しく働く男性にこそ必要なメソッドであると感じており、主に男性に向けて自己肯定感のセミナーを開催。

JISE認定講師として活動しながら、ウェブデザイン・ウェブマーケティング業務を行う。

【詳細プロフィール】
http://self-esteem.or.jp/instructor/kudo/

おすすめ記事

安定して注目される「自己肯定感」

グーグルトレンドで、様々なキーワードを検索してみました。海外では、self-esteemという検…

日本人の自己肯定感が低い理由の一つは「遺伝子」が関係してる?

高い自己肯定感が醸成されるのには沢山の要素が絡み合っています。親との関係だったり、学校での教…

あなたの願いの実現を左右する「自己肯定感」

「あなたが心から求めるものはあなたの運命の一部手に入れる運命にないものはあなたが欲しいと思うこと…

自己受容を阻むのは、心の中にいるもうひとりの批評家の自分?

自分を受け入れるということは難しいことでしょうか?「自己肯定感」を高めるには、そのままの自分を認…

部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い! 

ビジネスで、部下の仕事についつい口出ししたくなってしまう場面はないでしょうか?部下の仕事ぶり…

「ほめる」は「いいなぁ」という気持ちを伝えること

「ほめていいことと、ほめて悪いことがあると聞いて褒めることにとても神経質になってしまいます」と話して…

他人からどう思われるかよりも、大切な自己肯定感

自分が身を置く世界が冷たくて敵意に満ちた場所と感じるか、又は、温かくて愛情に満ちた場所と感じるかは、…

あらゆる感情は人間の進化にとって価値がある

楽観主義と悲観主義のどちらかを選択して下さいという問いがあれば、殆どの人は楽観主義を選択すると思いま…

「ふわふわことば」と「ちくちくことば」

最近の小学校低学年では、道徳の時間などに「ふわふわことば」と「ちくちくことば」を教えています。…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。