人間関係

自己受容を阻むのは、心の中にいるもうひとりの批評家の自分?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自分を受け入れるということは難しいことでしょうか?

「自己肯定感」を高めるには、そのままの自分を認め受け入れる「自己受容」がとても重要ですが、私たちは、自分をあるがまま受け入れることはなかなか容易ではないようです。

それは、欠点やダメなところ、嫌いなところがある自分を受け入れることへの抵抗感からだったり、そのままの自分を受け入れることは、欠点や短所がある自分をあきらめて妥協することであり、それが自分の成長を止めてしまうと考えてしまうからでしょうか?

本来、私たちは長所も短所も両方あっての自分ですが、そこには、自分の良いところしか認めたくない心理とともに、短所や欠点を受け入れることは、今の自分のままで成長を止めてしまうことになり、そのままでは人から評価されなくなってしまうのではないかという「怖れ」が隠れていそうです。

又、自分を受け入れることを妨げている大きな要因の一つに、自分が人にどう思われているか、他人の目にどう映っているかを絶えず気にしていることもあるかもしれません。

 

あなたはいかがでしょうか?

 

周りにどう思われているかを気にしてしまうと、周りの評価に振り回され、悩みもどんどん増えてきます。

一方で、自分自身に厳しいジャッジを向けてしまう自分もいるのではないでしょうか?

あなたに批判の目を向けるのは、心の中のもう一人の批評家の自分です。

その批評家は、絶えずあなたをジャッジし、〇〇すべき、〇〇であってはいけない、と指示や命令をしたり、あなたに容赦ない批判を浴びせたり、あなたが何かをやろうとすると「失敗したらどうする?」「過去に失敗して大変な目にあったのだから、またそうなるかもしれないよ」「余計なことはしないほうがいい」と、あなたの内面の声となりあなたの勇気やチャレンジを阻み、励ましではなく、過去の失敗やうまくいかなかったことをあげつらい、こき下ろすのです。

この存在のあなたに語りかけてくるときのその内容は、あなたの考え方ではなく、小さい時の常に自分に命令や指示を与えていた母親や父親、影響力のあった教師や大人の考え方と酷似してはいないでしょうか?

実は、これが実体のない心の中のジャッジマン(批評家)の正体なのです。その影響力は絶大で、それがいかに自分にダメージを与え、破壊的な影響力をもっているかを自覚できるまで、その呪縛はなかなか解くことはできません。

そこを切り離さない限り、絶えず心の中の独り言となり、あなたのあら探しをして、自信を持たせてくれることはないのです。

内面でそのような批判を浴びせられるたびに、私たちがあるがままの自分を受け入れることを難しくし、躊躇させます。

 

自分の意志ではなく、そのジャッジマンに認められるために、時として無理な理想を設定したり、常に、自分に完全であることを強要して、それができないあなたに自信をなくさせているとしたら、そのジャッジマンをもうそろそろお役御免にする必要があるのかもしれません。

いかがでしょう?

心の中の声に苦しめられてきていませんでしたか?

 

他者の目が気になったり、人の評価が非常に気になって苦しいと感じることが多いとしたら、これからは、あなた自身が自分で考え、自分の決断を自分で応援し、自分を正解にしていく時期がきているのかもしれません。

 

周りからどう思われるかを絶えず気にしている状態というのは、実は自分の中にいる「批評家(ジャッジマン)」の目を常に気にしていたので

それは、これまで、あなたが何かを考え、行動し、決断をするとき、心の中の批評家のフィルターを通して、どう考え、どう行動し、どう決断をするかを決めていたということなのです。

それはまるで、親の目を絶えず気にして、親にどう思われるかを基準に行動する子どもの感覚と同じです。

 

ここで、自分に影のようにまとわりついていた「ジャッジマン(批評家)」をお役御免にするために大事なのは、どんなときも味方になりサポーターになるもう一人の自分の存在をつくることです。

そのサポーターとなるもう一人のあなたは、どんなときも共感と優しさと理解をもって、あなたの欠点を認め、不完全さも受け入れながら、あるがままのあなたを温かく理解しようとする視点であなた自身を見てくれる存在です

心の中に批評家がいる!と思われる方はぜひ、この方法を試してみてください。

すると自分を受け入れるということが前よりもスムーズにできるようになると思います。

そして、これまであなたを牛耳っていたジャッジマンがそのあとも時々出てきても、その時は『これから私はもうあなたなしで大丈夫です!これまでありがとう!』と言って、あなたの「サポーター」優位にして、心の中のサポーターを味方につけて自己肯定感を上げていきましょう。

すると、あなたは誰におびえることなく、自分の欠点やダメだと思えるところ、未熟なところがあってもこれも自分なのだと、開き直りではなく、自分のそのままを受け入れられるようになるはずです。

 

 

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

金沢、大阪、東京(文京区、渋谷区)、千葉、横浜、神奈川県二宮町、神戸、沖縄でのセミナー開催日が更新されました。セミナーのご案内は下記からご覧ください。

自己肯定力入門講座

自己肯定力を上げるベーシック一日講座

工藤紀子

工藤紀子

投稿者の記事一覧

自己肯定力スペシャリスト、JISEエグゼクティブトレーナー、一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会 代表理事、ヴィーナス・クリエイト代表
長年外資系企業に勤務し、22年前の子育て中に「自己肯定感」の大切さを知り、自らも高めたことで、抱えていた問題が解決し、人生が大きく好転した経験から、以来、「心の仕組み」の理解と「自己肯定力を高め自分を愛する」ための研究を続け、2005年よりその方法を多くの人に伝えるためヴィーナス・クリエイトを設立。「女性の幸せが社会の幸せを創造する」という理念のもと年100回以上のセミナーを開催。10年間でクチコミでのべ15000人以上が参加。
2013年に一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会を設立。人が生きていく上で一番大切な感覚である「セルフエスティーム(自己肯定感、自尊心)」を高めることで、誰もが本来の力と自信を取り戻し、幸福度の高い社会を実現することを目的に、セミナーや企業研修、講演会を通して「自己肯定力」を高める機会の提供と、「自己肯定力」を広く普及できる人材(認定講師)の育成に力を入れている。
【一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会】 
【ヴィーナス・クリエイト】

おすすめ記事

日本人の自己肯定感が低い理由の一つは「遺伝子」が関係してる?

高い自己肯定感が醸成されるのには沢山の要素が絡み合っています。親との関係だったり、学校での教…

あなたの願いの実現を左右する「自己肯定感」

「あなたが心から求めるものはあなたの運命の一部手に入れる運命にないものはあなたが欲しいと思うこと…

自己受容を阻むのは、心の中にいるもうひとりの批評家の自分?

自分を受け入れるということは難しいことでしょうか?「自己肯定感」を高めるには、そのままの自分を認…

部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い! 

ビジネスで、部下の仕事についつい口出ししたくなってしまう場面はないでしょうか?部下の仕事ぶり…

「ほめる」は「いいなぁ」という気持ちを伝えること

「ほめていいことと、ほめて悪いことがあると聞いて褒めることにとても神経質になってしまいます」と話して…

他人からどう思われるかよりも、大切な自己肯定感

自分が身を置く世界が冷たくて敵意に満ちた場所と感じるか、又は、温かくて愛情に満ちた場所と感じるかは、…

あらゆる感情は人間の進化にとって価値がある

楽観主義と悲観主義のどちらかを選択して下さいという問いがあれば、殆どの人は楽観主義を選択すると思いま…

「ふわふわことば」と「ちくちくことば」

最近の小学校低学年では、道徳の時間などに「ふわふわことば」と「ちくちくことば」を教えています。…

母親から、子どもが受け継いでいくもの……

こちらの動画では母娘を例にしていますが、小さなことでも母親が子どもに与える影響はとても大…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。