コミュニケーション

部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ビジネスで、部下の仕事についつい口出ししたくなってしまう場面はないでしょうか?

部下の仕事ぶりに不満を感じていたり、全面的に任せるのが不安に感じてしまうと、部下のやることなすことにいらいらして、細かく口出ししてしまいたくなります。この「介入」は、「子育て」のときの、親が子どものやることなすことに対して、ついつい口出ししてしまう「干渉」と似ています。

これは相手への「コントロール」となり、過度になると「支配」にもなりかねません。この状態では「部下や子ども」は自分は信頼されていないと感じ、上司や親への反発のエネルギーは高まっても、自らの意欲や自発性を高めることは難しく「自己肯定感」は下がります

 

では、なぜ細かいことに口出ししたくなり、過度に介入したくなるのでしょうか?

相手がうまくいくように、相手の成功を願ってアドバイス(口出し)をしているつもりでも、相手が抱えている問題を自分の問題であるとすり替えてしまった時点で、部下や子どもの失敗が自分の価値を危うくすると感じてしまうために、それが怖れとなり、自己防衛心や自分のエゴから、介入や干渉をしたくなるケースが考えられます。

相手のためと思っていても、実は「口出し(介入)」や干渉は、部下や子どもの成果が自分の価値を左右すると考えているので、そこで失敗すると自分の価値も下げられるので困るという気持ちが見え隠れしています。

 

これは口出しや干渉をしたくなってしまう人の「自己肯定感」が影響してきます。

「自己肯定感」が低いと、どうしても自分(自己価値)を守る「自己防衛」をしないといられないので、言動全てが、相手のためではなく、自分を守るためのものとなってしまい、それを相手も感じ取るので、信頼関係は築きにくくなります。

 

部下や子どもが伸びていくときにできる大事なことは、自分が取り組むべき課題は自力で問題を解決でき、克服できた!と思える状況にもっていくことです。それが自己肯定感を高め、自信につながります。

そのためには、上司や親も、それが最終的に誰の問題なのか?を考え、自分ではなく、相手に関わることなら、相手の問題として尊重し、相手が自力で解決できるように一歩引いて、その問題に介入せず、「見放す」のではなく、「見守る」姿勢が必要となります。

そこでもし部下や子どもが「何かアドバイスが欲しい」「教えて欲しい」「助けてほしい」と言ってきたら、そこで初めて手を貸すことができ、そこに応えることで相手との信頼関係が築かれていきます。

そこで、大事になるのはサポートして欲しいときに、遠慮せずに上司や親に言える状態がつくれているかどうかです。信頼に基づいた双方向のよい関係を築くには、育てる側が相手を最初に「どう見ているか」がとても大事になります。

そこでは「何ができるから」とか「何をしたから」という「〇〇だから」という条件付きではなく、部下や子どもをまるごと信じてあげられているかが、本人の意欲ややる気を支え、さらに自力で問題を解決し、克服できる力を育てていけるのです。

相手の何を信じてあげるかが、今その人がどうであるかよりも、その人の未来を決定づけていくとしたら、上司や親の役割は部下や子どもにとって、かけがえのないものとなるはずです。そして、それを実現していくには、常にサポートする側の「自己肯定感」が試されているのです。

 

 

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

金沢、大阪、東京(文京区、渋谷区)、千葉、横浜、神奈川県二宮町、神戸、沖縄でのセミナー開催日が更新されました。セミナーのご案内は下記からご覧ください。

自己肯定力入門講座

自己肯定力を上げるベーシック一日講座

工藤紀子

工藤紀子

投稿者の記事一覧

自己肯定力スペシャリスト、JISEエグゼクティブトレーナー、一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会 代表理事、ヴィーナス・クリエイト代表
長年外資系企業に勤務し、22年前の子育て中に「自己肯定感」の大切さを知り、自らも高めたことで、抱えていた問題が解決し、人生が大きく好転した経験から、以来、「心の仕組み」の理解と「自己肯定力を高め自分を愛する」ための研究を続け、2005年よりその方法を多くの人に伝えるためヴィーナス・クリエイトを設立。「女性の幸せが社会の幸せを創造する」という理念のもと年100回以上のセミナーを開催。10年間でクチコミでのべ15000人以上が参加。
2013年に一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会を設立。人が生きていく上で一番大切な感覚である「セルフエスティーム(自己肯定感、自尊心)」を高めることで、誰もが本来の力と自信を取り戻し、幸福度の高い社会を実現することを目的に、セミナーや企業研修、講演会を通して「自己肯定力」を高める機会の提供と、「自己肯定力」を広く普及できる人材(認定講師)の育成に力を入れている。
【一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会】 
【ヴィーナス・クリエイト】

おすすめ記事

日本人の自己肯定感が低い理由の一つは「遺伝子」が関係してる?

高い自己肯定感が醸成されるのには沢山の要素が絡み合っています。親との関係だったり、学校での教…

あなたの願いの実現を左右する「自己肯定感」

「あなたが心から求めるものはあなたの運命の一部手に入れる運命にないものはあなたが欲しいと思うこと…

自己受容を阻むのは、心の中にいるもうひとりの批評家の自分?

自分を受け入れるということは難しいことでしょうか?「自己肯定感」を高めるには、そのままの自分を認…

部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い! 

ビジネスで、部下の仕事についつい口出ししたくなってしまう場面はないでしょうか?部下の仕事ぶり…

「ほめる」は「いいなぁ」という気持ちを伝えること

「ほめていいことと、ほめて悪いことがあると聞いて褒めることにとても神経質になってしまいます」と話して…

他人からどう思われるかよりも、大切な自己肯定感

自分が身を置く世界が冷たくて敵意に満ちた場所と感じるか、又は、温かくて愛情に満ちた場所と感じるかは、…

あらゆる感情は人間の進化にとって価値がある

楽観主義と悲観主義のどちらかを選択して下さいという問いがあれば、殆どの人は楽観主義を選択すると思いま…

「ふわふわことば」と「ちくちくことば」

最近の小学校低学年では、道徳の時間などに「ふわふわことば」と「ちくちくことば」を教えています。…

母親から、子どもが受け継いでいくもの……

こちらの動画では母娘を例にしていますが、小さなことでも母親が子どもに与える影響はとても大…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。