人間関係

「ほめる」は「いいなぁ」という気持ちを伝えること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ほめていいことと、ほめて悪いことがあると聞いて褒めることにとても神経質になってしまいます」と話してくだった小学生の子どもを持ったお母さん。

その思いの根底には、ほめたことで子どもの可能性を狭めたり、意欲をそがないようにしたいという親心がありました。

あなたはいかがでしょう?

人をほめるのが上手ですか?又は、ほめるのは下手(苦手)だと感じていますか?

どんなときにほめて、どんなことはほめるべきではないのだろう?と、その線引きが難しいと感じている方にこそ、ここでお伝えしたいのは、「ほめる」という言葉がけの本質です

 

アサーションの平木典子さんは著書の中で、

「ほめる」というのは、「いいな!」と思うことを「いいな!」と表現すること

と書かれています。

 

「ほめる」って、伝える側の「気持ち」が乗っている言葉なのですね。

「ほめる」ことと混同しやすいのが「成果」に対してですが、例えば、子どもがほめるに値することをやっていないから、ほめられない。と言う場合、これは、相手に成果を求めています。

ほめるに値するかしないかを考えるのは“評価”であって、そこには何か基準があり、その基準を満たすと、評価されるということになります。

この評価が必要な場面もあるとは思いますが、ここでお伝えしたいことは、本来の「ほめる」ということのとてもシンプルで大切なスタンスです。

 

「いいなぁ」という気持ちを相手に伝えることが「ほめる」こと。

いかがでしょう?

あなたもぜひ、自分の子どもや、子どもだけに限らず、家族や友人、自分と関わる人に「いいなぁ」と思えることを沢山伝えられるようになってみませんか?

 

誰でも自分の存在を気に留めてもらえると嬉しいものですが、相手から自分の「いいなぁ」と思うところを伝えてくれる言葉がけをもらうと、自分のことを心に留めてくれている、気にかけてもらっているのだと嬉しくなります

そして、相手に対して「いいなぁ」と思うことを、沢山言葉で表現していけると、その相手は自分を肯定的に受け止めることができるようになります。すると自信がついて、自分を好きになっていけるのですね

これは子どもが意欲をもって何かにチャレンジしたい!と思える自己肯定感の土台にもなっていきますし、このサイクルを繰り返して、子どもはぐんぐん伸びていくのです。

「いいなぁ」という気持ちを言葉にして相手に伝えると、それはそのまま相手の存在意義を高めるお手伝いをします。これは子どもの自己肯定感を高める大事なポイントになっていくのです。

 

それでは、どんな「いいなぁ」の気持ちの表現の仕方があるでしょう?

「その発想、いいなぁ」
「あなたの絵、好きだなぁ」
「そのワンピース、とっても似合っているよ」
「あなたの声、いい声ね」
「あなたのかく字、とっても好き」
「元気いっぱいでいいなぁ」
「がんばったね」
「いやぁ、面白いね」
「気が利くね。ありがとう」
「なるほど、それはいいね」
「やったねー!!すごいなぁ」
「今日はいつもと違うね」
「ほんとやさしいね」
「お手伝いしてくれて嬉しいなぁ」
「あなたのセンス、好きだなぁ」

 

このように「ほめる」を堅苦しく考えずに、自分の中に生まれた「いいなぁ」と言う気持ちを相手に伝えることだと思えると「ほめる」のハードルが下がってくるのではないでしょうか?

あなたは、自分のどんな「いいなぁ」という気持ちを、相手に伝えたいと思いますか?

あなたからの「いいなぁ」の「言葉の花束」をもらった相手は、きっと幸せな気持ちになりますね。

 

 

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

関西(神戸・大阪)でのセミナー開催日が更新されました。セミナーのご案内は下記からご覧ください。

自己肯定力入門講座

自己肯定力を上げるベーシック一日講座

子育てがもっと楽しくなる!子どもの自己肯定力アップ講座

工藤紀子

工藤紀子

投稿者の記事一覧

自己肯定力スペシャリスト、JISEエグゼクティブトレーナー、一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会 代表理事、ヴィーナス・クリエイト代表
長年外資系企業に勤務し、22年前の子育て中に「自己肯定感」の大切さを知り、自らも高めたことで、抱えていた問題が解決し、人生が大きく好転した経験から、以来、「心の仕組み」の理解と「自己肯定力を高め自分を愛する」ための研究を続け、2005年よりその方法を多くの人に伝えるためヴィーナス・クリエイトを設立。「女性の幸せが社会の幸せを創造する」という理念のもと年100回以上のセミナーを開催。10年間でクチコミでのべ15000人以上が参加。
2013年に一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会を設立。人が生きていく上で一番大切な感覚である「セルフエスティーム(自己肯定感、自尊心)」を高めることで、誰もが本来の力と自信を取り戻し、幸福度の高い社会を実現することを目的に、セミナーや企業研修、講演会を通して「自己肯定力」を高める機会の提供と、「自己肯定力」を広く普及できる人材(認定講師)の育成に力を入れている。
【一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会】 
【ヴィーナス・クリエイト】

おすすめ記事

日本人の自己肯定感が低い理由の一つは「遺伝子」が関係してる?

高い自己肯定感が醸成されるのには沢山の要素が絡み合っています。親との関係だったり、学校での教…

あなたの願いの実現を左右する「自己肯定感」

「あなたが心から求めるものはあなたの運命の一部手に入れる運命にないものはあなたが欲しいと思うこと…

自己受容を阻むのは、心の中にいるもうひとりの批評家の自分?

自分を受け入れるということは難しいことでしょうか?「自己肯定感」を高めるには、そのままの自分を認…

部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い! 

ビジネスで、部下の仕事についつい口出ししたくなってしまう場面はないでしょうか?部下の仕事ぶり…

「ほめる」は「いいなぁ」という気持ちを伝えること

「ほめていいことと、ほめて悪いことがあると聞いて褒めることにとても神経質になってしまいます」と話して…

他人からどう思われるかよりも、大切な自己肯定感

自分が身を置く世界が冷たくて敵意に満ちた場所と感じるか、又は、温かくて愛情に満ちた場所と感じるかは、…

あらゆる感情は人間の進化にとって価値がある

楽観主義と悲観主義のどちらかを選択して下さいという問いがあれば、殆どの人は楽観主義を選択すると思いま…

「ふわふわことば」と「ちくちくことば」

最近の小学校低学年では、道徳の時間などに「ふわふわことば」と「ちくちくことば」を教えています。…

母親から、子どもが受け継いでいくもの……

こちらの動画では母娘を例にしていますが、小さなことでも母親が子どもに与える影響はとても大…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。