人間関係

キレるお年寄り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Yahooニュースで、「キレるお年寄りにどう向き合う 増える暴言・暴力トラブル」という記事を読みました。

「キレるお年寄りにどう向き合う 増える暴言・暴力トラブル」
http://news.yahoo.co.jp/feature/511

記事中、”キレる老人は人との関わりが薄れることで自己肯定感が低下し、不満や不安が溜まりやすくなる。その不満や不安がちょっとしたことで怒りに転化する。”とありました。

 

キレるお年寄りの記事ではありますが、皆さんの周りでもキレる人が増えてないでしょうか? 例えばキレる上司やパートナーはいませんか? 人との関わりが薄くなる老人でもないのに、キレやすい上司やパートナーである場合は自己肯定感が低い傾向にあります。
*
老人がキレるのは老化が原因の一つと指摘されていますが、「周りから認められている感覚がない(孤独感)」場合は老人でなくてもキレる原因の一つになるかと思います。

 

老人であれ家庭内パートナーであれ、自己重要感が満たされていない状態が続くとキレやすくなります。もし、上司やパートナーがキレやすくなってきているのであれば、心がカラカラになっている可能性が高いので、話を聞いて感謝の気持ちを言葉にしてみることをお勧めします。

 

彼らがどんな事に対して“認めてほしい”と感じているかを理解して感謝する、認めてあげることだけで、キレる頻度は減少していきます。

 

自己肯定感は大人になっても高める方法は沢山ありますが、その中で簡単に出来て効果が高い「褒めてあげる」という行動は、実は、相手だけでなく褒めた自分の脳にも良い効果を与えてくれます。

自己肯定力を上げるベーシック一日講座

工藤洋一

投稿者の記事一覧

妻と娘の3人家族。
子どもの教育のために自己肯定感を学び実践してきた妻の変化や、妻が自分のメソッドを女性に伝えた結果、多くの女性達が変化するのを目の当たりにし、男性にも重要な事と認識し学び始める。
自己肯定感を学んで一番大きかった変化は、最悪だった夫婦関係が改善したこと。

24年前、独立したてだった自分は、上手くいかない事を、サポートしてくれない妻(実は完璧なサポートをしてくれていた)のせいにしていた。
ある日の出来事で、自己肯定感が低い自分を認識し“認めた”事から、夫婦関係と事業が上手くいくようになってから24年。
自己肯定感を理解する上で重要な「感情」もコントロールすることができるようになり、怒りの感情が出てきた時に適切に対処できるようになり、ストレスを感じる事も少なくなってきた。

夫の自己肯定感が低いと、家庭内で自分の優位性を認めさせようと、時に怒りや苛立ちをベースにしたコミュニケーションをしがちです。自己肯定感を学ぶ事は、厳しい職場環境などで、日々、忙しく働く男性にこそ必要なメソッドであると感じており、主に男性に向けて自己肯定感のセミナーを開催。

JISE認定講師として活動しながら、ウェブデザイン・ウェブマーケティング業務を行う。

【詳細プロフィール】
http://self-esteem.or.jp/instructor/kudo/

おすすめ記事

誰もが欲しい「心の栄養」を与えられる人に

あなたが嬉しく元気になるときはどんなときでしょう?人との関わりの中で私たちが幸せを感じる時は…

目標を決めても、行動を起こせないときの対処法

新しい状況を作り出したい!変化を起こしたい!目標を達成したい!そのために行動を起こし…

感情にも応急手当が必要な理由 (NYで人気の心理学者―ガイ・ウィンチ)

NHK「スーパープレゼンテーション」、日本テレビ系「世界一受けたい授業」でも放送されたので、ご覧にな…

自分の価値を認めないと、他人の価値を認められない。

自分と価値観の違う人と出会う時、「この人は違う」「ありえない!」と違和感を感じるか、逆に「なるほど、…

自分の時間を慈しんでいますか

現代人はとかく忙しい。テクノロジーの進歩やグローバル化によって、情報量も多いし物事が進むスピードもと…

呪文を解いてセルフイメージを変える

こんな人が、いました。とても美人で魅力的で、実際にもてる。でも、当の本人は自分の魅力にはまったく…

心はいくら鍛えても強くならない

「強い精神はどうしたら手に入るのか?」と質問されると、「心を鍛えればいい」と答える人も多いかもしれま…

愛される価値があると思えると、彼から愛される

自分のセルフイメージが変わると、それはそのまま相手との関係性にも影響を与えます。不思議ですが、恋…

母親のイライラが、子どもをダメにする

子どもが長い休みに入ると、親は子どもが学校に行っていてくれていた方が楽なのに!と思うことも多いかもし…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。