恋愛・結婚

「運命の人」という呪縛を手放す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

幸せな結婚をするために運命の人と出会いたい!

と、多くの独身女性が望んでいると思います。

あなたはいかがですか?

実は、本当の幸せな結婚は「運命の人」を探すことではないのです。

あなたは「運命の人」という言葉にどんな期待を持っているでしょう?

「運命の人」と思って結婚しても、うまくいかなくなったときや、相手が自分の期待通りでなかったとき、相手は自分都合で考えていた「運命の人」ではなくなります。

すると『やっぱりこの人は私にとっての運命の人ではなかった!』と失望し、青い鳥を探すように「運命の人」は他にいるにちがいない!と、相手が変われば、自分の理想が手に入るはずだと、運命の人を探し続けてしまうのです。

これは青い鳥症候群と同じです。

“運命の人と出逢えれば、すべては解決する”“運命の人と出逢えれば、何もかもが魔法のようにうまくいくはず”という「幻想」や「自己都合」に囚われていると、その呪縛から離れない限り、「運命の人」だと思う人に出会っても、いっこうに満足することができません。

あなたはその傾向はありませんか?

ここで「Happy Weddingを手に入れる」ために本当に大切なことを明確にしておきたいと思います。

結婚におけるパートナーとの関係には、過去に自分が恋愛や親子関係、対人関係で乗り越えることができなかったことや、かつての「心の傷」になってしまったもの、恋愛の癖になっているものなど、それらの様々な問題が表出してきます。

ですから、相手を変えたとしてもそこを解決しない限り、この人ではない!あの人でもない!、実際に付き合っても、やっぱりこの人ではなかった!と、相手が誰になろうと、相手に不満が生まれ、また次の人を探すことを繰り返してしまうのです。

実は、どんな人と出会おうと、自分がその人の中に見るものは、自分自身なのです。

そこに問題を見るとき、自分が抱えている問題が見えてきます。

相手に感じる不満は、自分の中にある満たされない思いだったり、心の傷やわだかまり、思い込みなど、それらを相手が映し出してくれるのですが、それを相手のせいにして、相手が悪いと思っても、結局は自分の中の問題が解決されていないので、どんな人と知り合おうとも、不満はまた出てくるのです。

ですから、誰と結婚するかは問題ではなく、自分の中の問題がクリアになり、自分との関係が良好になっていれば、どんな人と結婚しても、自分を幸せにできるのです。

それは、自分の問題がクリアになっていないと、結婚相手に出会えないということではなく、あらゆる人との出会いの中に、自分が未解決の問題をよりクリアにするためのヒントや機会があるということで、そのチャンスを生かせると、自分との関係はもちろん、対人関係がますます良くなるのです。

そして、結婚した後は、お互いが様々な場面で、あらゆることを成長の糧にしながら、その関係性の中でお互いが癒され、無償の愛を学んでいきます。

以前、講座を受講された女性の一人が

「以前は運命の人は誰なのだろう?そんな男性と出会えない自分にとても落ち込んでいましたが、今は、誰と結婚しても、私は幸せになれると確信しています」

と言ってくれたことがありました。

そうなのです。

彼女は「ラブ・マイセルフ・メソッド©」を学び、これまでの「自己肯定感」を低めていた自分の中の様々なわだかまりや思い込み、心の傷を癒して、自分を満たし、本来の自分との繋がりを取り戻したことで、他の誰と比べるのではない唯一無二の自分の価値を感じられるようになったのです。

「運命の人」はあなたの機嫌をとり、あなたの気分をよくしてくれたり、自分にとっての都合のいいだけの人ではなく、結婚という二人が乗り越えていく課題が沢山ある中で、相手を受け入れながら、一緒に多くを学び成長できる人です。

その関係を築くためにも、土台となるのが自己信頼がベースの「自己肯定感」であり、それなくして、相手を信頼することはできず、相手と真に繋がることはできません。

そんな相手との結婚は、自分に足りないところを補いあいながら一緒にいることで、存在の完全性を感じられる本当の意味での「運命の人」となっていくのです。

 

関係を築くための土台となる「自己肯定感」

工藤紀子

工藤紀子

投稿者の記事一覧

自己肯定力スペシャリスト、JISEエグゼクティブトレーナー、一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会 代表理事、ヴィーナス・クリエイト代表
長年外資系企業に勤務し、22年前の子育て中に「自己肯定感」の大切さを知り、自らも高めたことで、抱えていた問題が解決し、人生が大きく好転した経験から、以来、「心の仕組み」の理解と「自己肯定力を高め自分を愛する」ための研究を続け、2005年よりその方法を多くの人に伝えるためヴィーナス・クリエイトを設立。「女性の幸せが社会の幸せを創造する」という理念のもと年100回以上のセミナーを開催。10年間でクチコミでのべ15000人以上が参加。
2013年に一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会を設立。人が生きていく上で一番大切な感覚である「セルフエスティーム(自己肯定感、自尊心)」を高めることで、誰もが本来の力と自信を取り戻し、幸福度の高い社会を実現することを目的に、セミナーや企業研修、講演会を通して「自己肯定力」を高める機会の提供と、「自己肯定力」を広く普及できる人材(認定講師)の育成に力を入れている。
【一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会】 
【ヴィーナス・クリエイト】

おすすめ記事

部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い! 

ビジネスで、部下の仕事についつい口出ししたくなってしまう場面はないでしょうか?部下の仕事ぶり…

「ほめる」は「いいなぁ」という気持ちを伝えること

「ほめていいことと、ほめて悪いことがあると聞いて褒めることにとても神経質になってしまいます」と話して…

他人からどう思われるかよりも、大切な自己肯定感

自分が身を置く世界が冷たくて敵意に満ちた場所と感じるか、又は、温かくて愛情に満ちた場所と感じるかは、…

あらゆる感情は人間の進化にとって価値がある

楽観主義と悲観主義のどちらかを選択して下さいという問いがあれば、殆どの人は楽観主義を選択すると思いま…

「ふわふわことば」と「ちくちくことば」

最近の小学校低学年では、道徳の時間などに「ふわふわことば」と「ちくちくことば」を教えています。…

母親から、子どもが受け継いでいくもの……

こちらの動画では母娘を例にしていますが、小さなことでも母親が子どもに与える影響はとても大…

失敗して落ち込んだ時にやること

仕事などで失敗した時など、自信がなくなってしまい自分に価値を見いだせず、ひどく落ち込んでしまうことは…

優しくて愛情のある人ほど、傷を受けやすい

あなたは、理不尽だと思うようなことでもつい要求に応じてしまったり、周りの人に振り回されて疲れきってし…

誰もが欲しい「心の栄養」を与えられる人に

あなたが嬉しく元気になるときはどんなときでしょう?人との関わりの中で私たちが幸せを感じる時は…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。