自己実現・目標達成

はたして、心理学やセミナーで人は幸せになれるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

色々な心理学や沢山のメソッドが次から次へと話題になり、少しでも現状が良くなればと、本を読んでみたり新しいメソッドのセミナーに参加したりしますが、読書後やセミナー参加直後は気持ちも高揚しているので前向きになって「これで自分は変われる!」「きっと良くなる!」と感じます。

ところが、数日から一週間ほどたつと、なぜか以前の自分に戻ってしまい、折角、自分で納得したはずの学びや高揚感が失せてしまう事があります。

一方で、一冊の本や一つの心理学、一つのセミナーで人生を大きく変えた人もいるのも事実です。そして、その人達に共通するのは「これだ!!」と直感したら、それを愚直なまでに実践し続けたことです。

アドラーなら、アドラーを徹底的に。
7つの習慣なら、7つの習慣を徹底的に。
アンソニーロビンスなら、アンソニーロビンスを徹底的に。
etc…..

沢山の自分を変えるチャンスがある中で、一番良くないのが次に興奮させてくれるセミナーや本を延々と延々と延々と探し続けることで、自分探しの「ワナ」に陥ってしまいます。「自分探し」は悪い事ではないですが、自分を探す方法論が主目的になってしまうと、「よりよい人生にしたい」「幸せになりたい」などの本来の目的から外れて、道に迷ってしまいます。

仕事においても言えることですが、表面だけの理解ではその奥義といいますか、その教えの本当の凄さに気がつくことはないでしょう。なにかピンときたものがあったならそれを最低、一年間は追い続けてみることが、大切なのかもしれません。
人はそれぞれ生まれた環境も、経験したことも、痛みを感じた事も違います。子供時代から恵まれてきた人もいるでしょうし、あまり愉快でない時代を過ごした人もいるでしょう。恋愛において上手くいった人もいるでしょうし、そうでない人もいます。

ですから、その人それぞれに効果がある本やセミナーなどが違ってくるのだと思います。Aさんには素晴らしい学びにあった本が、Bさんには全く理解できなかったり、男性が理解できることが、女性には理解できなかったり….と。

それぞれが不足している要素や、必要な栄養素が違う事があるからですが、もし、どんな人がとってもしっかりと効果を出してくれる栄養素があったらどうでしょう?

そんな栄養素が「自己肯定感」なんだと思います。
1993年にWHO(世界保健機関)が提唱した10のライフスキルの中で、一番初めに提唱されているのが自己認識で、まずは自分を認識し認めることが全ての土台(ビタミン剤)になってくるのです。「気づく」「認める」という土台(ビタミン剤)があると、他のビタミン剤も効果的に効くようになるんだと理解していますが、この「気づく」「認める」という事は、単純な事ですが、非常に重要です。

【ライフスキル】
1.自己認識 Self-awarenessr
2.共感性 Empathy
3.効果的コミュニケーションスキル Effective Comunication Skills
4.対人関係スキル Interpersonal Reiationship Skills
5.意志決定スキル Decision Making Skills
6.問題解決スキル Problem Solving Skills
7.創造的思考 Creative Thinking
8.批判的思考(クリティカル思考) Criticai Thinking
9.感情対処 Copingwith Emotions
10.ストレス対処 Copingwith Stress

 

1がなければ、2の共感性も3のコミュニケーションもとる事ができません。

ライフスキルだけでなく、どんなに素晴らしい本やセミナーと出会うことになっても、土台の自己認識、自己肯定が出来ていることにより、次の大きな成長につながるのではないでしょうか?

skill_system

 

土台である自己肯定力を意識したことはありますか?

 

工藤洋一

投稿者の記事一覧

妻と娘の3人家族。
子どもの教育のために自己肯定感を学び実践してきた妻の変化や、妻が自分のメソッドを女性に伝えた結果、多くの女性達が変化するのを目の当たりにし、男性にも重要な事と認識し学び始める。
自己肯定感を学んで一番大きかった変化は、最悪だった夫婦関係が改善したこと。

24年前、独立したてだった自分は、上手くいかない事を、サポートしてくれない妻(実は完璧なサポートをしてくれていた)のせいにしていた。
ある日の出来事で、自己肯定感が低い自分を認識し“認めた”事から、夫婦関係と事業が上手くいくようになってから24年。
自己肯定感を理解する上で重要な「感情」もコントロールすることができるようになり、怒りの感情が出てきた時に適切に対処できるようになり、ストレスを感じる事も少なくなってきた。

夫の自己肯定感が低いと、家庭内で自分の優位性を認めさせようと、時に怒りや苛立ちをベースにしたコミュニケーションをしがちです。自己肯定感を学ぶ事は、厳しい職場環境などで、日々、忙しく働く男性にこそ必要なメソッドであると感じており、主に男性に向けて自己肯定感のセミナーを開催。

JISE認定講師として活動しながら、ウェブデザイン・ウェブマーケティング業務を行う。

【詳細プロフィール】
http://self-esteem.or.jp/instructor/kudo/

おすすめ記事

部下を伸ばせる上司、子どもを伸ばせる親は「自己肯定感」が高い! 

ビジネスで、部下の仕事についつい口出ししたくなってしまう場面はないでしょうか?部下の仕事ぶり…

「ほめる」は「いいなぁ」という気持ちを伝えること

「ほめていいことと、ほめて悪いことがあると聞いて褒めることにとても神経質になってしまいます」と話して…

他人からどう思われるかよりも、大切な自己肯定感

自分が身を置く世界が冷たくて敵意に満ちた場所と感じるか、又は、温かくて愛情に満ちた場所と感じるかは、…

あらゆる感情は人間の進化にとって価値がある

楽観主義と悲観主義のどちらかを選択して下さいという問いがあれば、殆どの人は楽観主義を選択すると思いま…

「ふわふわことば」と「ちくちくことば」

最近の小学校低学年では、道徳の時間などに「ふわふわことば」と「ちくちくことば」を教えています。…

母親から、子どもが受け継いでいくもの……

こちらの動画では母娘を例にしていますが、小さなことでも母親が子どもに与える影響はとても大…

失敗して落ち込んだ時にやること

仕事などで失敗した時など、自信がなくなってしまい自分に価値を見いだせず、ひどく落ち込んでしまうことは…

優しくて愛情のある人ほど、傷を受けやすい

あなたは、理不尽だと思うようなことでもつい要求に応じてしまったり、周りの人に振り回されて疲れきってし…

誰もが欲しい「心の栄養」を与えられる人に

あなたが嬉しく元気になるときはどんなときでしょう?人との関わりの中で私たちが幸せを感じる時は…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。